生野菜に合う味噌ディップ

生野菜に合う味噌ディップ


味噌ディップが初めて発売されたのは、2008年5月のこと。

国立ファーム直営の野菜のためのレストラン「農家の台所」は野菜メニューが中心のため、男性が来店したとき、物足りなさを感じるのでは?と、発案されたのが「にんにく豚肉味噌」です。この味噌を、サラダバーの野菜につけて食べるように出したところ、大好評で買いたいというお客様からの要望が多くあがりました。そこで、生野菜に合う味噌として販売へ向けて動き出したのです。

そのとき、以前から取引のあった丸昌稲垣株式会社から、「50kgからつくりましょう!農家の台所ブランドで是非、商品化を。」と小ロットからの販売で声をかけていただきました。

丸昌稲垣株式会社は大正時代から味噌を製造する老舗。以前から農家の台所のコンセプトに賛同し、何か協力できることがあればと親切にしてくれていた会社でした。強力な助っ人がつき、試作を重ね、ついに「にんにく豚肉味噌」「ねぎ味噌」「ふき味噌」の3種類が商品化に至りました。

それから2年。農家の台所だけの販売にも関わらず、味噌屋の丸昌稲垣さんが驚くほどよく売れ続け、パッケージリニューアルとともに、新しい3種類の仲間が加わり、現在では計6種類のシリーズとなっています。


生野菜に合う味噌6種ディップ



アイコン 農家の台所 WEB SHOPでご購入いただけます