「堀りたて初体験!秋野菜でいっぱいの畑訪問・秋野菜収穫体験」、大成功にて終了!

さて問題です!下記はそれぞれ何の野菜でしょうか?

(①)   €€€€€€€€€  €€   (②)   €€€€€€€€  (③)

百聞は一見にしかず!畑で体験すればすぐに覚えてしまう!――
ということで、11月21日(土)に、農家の台所特別プロデュース企画第832弾となる「堀りたて初体験!秋野菜でいっぱいの畑訪問・秋野菜収穫体験」が行われました!この企画は、農家の台所3店舗(国立店・恵比寿店・新宿3丁目店)のお客様に、契約農家・篠宮仁さんの畑で収穫体験をしてもらうという企画です!

今回のイモ掘り体験は、トウモロコシとは違い、1日のみの限定企画。しかし、募集をかけたところ、定員60名に対し80名の参加応募がきました!それも応募してくれた方の半分はトウモロコシの収穫体験に来ていただいたリピーターの方だったのです!

この収穫体験の目玉は、「イモ掘り」。サトイモ・ジャガイモ・サツマイモの掘り比べができるのです。一概に「イモ」といっても種類によって掘り方が違います。ジャガイモは茎を垂直に抜き取って、根の周りを掘り起こして収穫!サツマイモはツルを抜き取っていき、土に深く入り込んでいるツルの周りをスコップで掘り起こします。そして、圧巻はサトイモ!根の周りにスコップを深く入れ、株ごとゴッソリ掘りだすのです!
そして、最初のイモ掘り体験をしに、ジャガイモ畑に行くと、そこには枯れたジャガイモ(インカの目覚め・男爵)の木ばかり植わっていてお客さんはビックリ。しかし、篠宮さんが「枯れているのは、養分が葉や茎からイモに移った証拠。だから枯れている方が良いイモが取れるんです」と話すと、みんな枯れた木にまっしぐら!子供たちが手を真っ黒にしながら、たくさんジャガイモを掘り起こしました!

<男爵イモの収穫。手でどんどん穴を掘っていきます>

<立派な男爵イモが収穫できました!>

サトイモ(篠宮家で代々受け継がれてきた品種)は、鍬を使って株ごと掘り起こします。すると、親芋・子芋・孫芋が全部くっついてくるので、それを分割します。親芋は硬くて料理にはあまり向きません(饅頭のアンコ用に加工に回しました)が、子芋は煮崩れしづらいので煮物や揚げ物、孫芋は柔らかいため何の料理にも向いていたりと、部分ごとで使い道も違うので、別々の袋に分別してもらいました。


<サトイモの収穫風景。鍬で丸ごと収穫!大きすぎてお母さんにも手伝ってもらわなくっちゃ!頑張れ~!>

サツマイモ(なると金時)は…残念ながら霜が降りてしまい、事前に収穫させていただきました。なので、お客様が来る前に、燃える落ち葉の中にセットして焼きイモに変身してもらいました!

そして、今回もメインの品目以外にも収穫体験ができるものをご用意させていただきました。瑞々しい緑帝ブロッコリーや、生で食べれる春菊、こだわりの土耕による水菜などをはじめとする多品目が畑にずらり。中でも1番人気だったのはキャベツ!篠宮さんの畑にはスイートキャベツとフルーツキャベツの2種類が栽培されています。特にスイートキャベツは、寒さに当たり甘みたっぷりで大人気!「野菜の甘みをこんなに感じたのは初めて!」と感動してくれるお客様もいれば「見た目が同じキャベツでも全然味や食感が違う」と言ってご自宅で食べ比べたいと両方買っていかれるお客様もいらっしゃいました。


<甘いキャベツにほっぺが落ちそう>

次いでよく出たのがミニトマト。アイコやトマトベリーガーデン、チェリーゴールドと、糖度が高く食べやすいものが人気で房ごと収穫してお持ち帰りになる方がたくさんいらっしゃいました。
そして、意外性で人気だったのが、バイオレットクイーン。カリフラワーの葉っぱをめくって中をのぞくと、紫色のカリフラワーがご登場!「こんな色のカリフラワーは初めて見た!」「自然にできたものなんですか?」とみんな興味津々。「ひとつ試しに。」と収穫していかれました。
収穫が終わってみれば、なんと1人5~6品目の野菜を収穫して、両手に持った袋が入りきらなくなるくらいに野菜が詰まっていました!


<とっても大きなカリフラワー!イモ以外の収穫も充実しました。>

そして、すべての収穫が終わったらお待ちかねのイモ煮!何と今回は、農家の台所の総料理長・貝塚がイモ煮を仕込みに参加してくれました!イモ煮でこだわったのは、野菜の甘みとコクを最大限に引き出すために、味付けには醤油とみりんしか使わずに調理してもらいました。そのアツアツのイモ煮を手に取りながら、イモ煮の大鍋を囲んで温まりながら篠宮さんと談笑しながら楽しいひと時を過ごしまた。

<農家の台所の貝塚総料理長>

<鍋を囲って楽しくお食事>

そして、会が終わる際、一組の家族連れが篠宮さんの所にきて、「うちの子供は野菜が嫌いなんですが、前回参加した時に収穫した野菜は全部食べたんです。そして今回のイモ煮でも、おいしいと言ってたくさん食べたんです。不思議なことに篠宮さん畑に来て収穫した野菜はみんな食べるんです。だからまた収穫体験を開いてください」ととてもうれしい言葉をいただきました。

今回も大成功に終わった収穫体験。篠宮さんも「お客さんが、農家の目の前で野菜を食べて、評価してくれることは市場や小売ではありえない。それが良い評価であろうと悪い評価であろうと、もっと良いものを作って人を喜ばせたいという起爆剤になる。だからどんどんこういった企画をやっていっていろいろな人と触れ合いたいとおもっています。」と。

<今回の大成功に喜ぶ篠宮仁さん>
国立ファームは、農業界の川上から川下までを手掛けるなかで、その強みを生かし、流通や飲食の枠を飛び越えた機会を今後も提供し続けます!ご期待ください!
※冒頭の畑クイズの答えは・・・①サトイモ ②サツマイモ ③ジャガイモ でした!

(文責:山口)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「堀りたて初体験!秋野菜でいっぱいの畑訪問・秋野菜収穫体験」、大成功にて終了!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>