第1回農家合コン~イケメン肉食系男子。(しかも資産アリ)”と、 農家の台所で合コンしませんか?~ 開催速報!

12月20日、農家の台所恵比寿店にて、「農家合コン」の記念すべき第1回目が開催されました。
 事前にHPや農家の台所の店舗で、合コン参加の募集をしたところ、定員4名に対して、応募がなんと20名以上!事前にとったアンケートを参考に、参加女性を絞らなければいけないほどの反響がありました。そのため、急遽、農家さんと女性の人数を増やすことに!しかし、それでも間に合わず、農家:女性の人数が6人:8人と女性が多い状態で合コンを開催することになったのです。
 迎えた当日。農作業着ではなく、おしゃれな服を着こなした農家さんが続々と集まる中、ブライダルアシスタントや空港勤務、芸能関係者など様々な女性が席についていきました。しかも皆、美人さんばかりで受付を担当していた男性社員が「俺も参加したい…」としきりにボヤクほど。期待に胸が膨らみます!

17:30のお店のオープンと共に合コンがスタート。今回の合コンの司会を務めるのは、高橋がなり。高橋は冒頭で、篤農家の方々と触れ合った率直な印象を語った。「農家訪問した時にスーツにネクタイというフォーマルな恰好であいさつに行ったら“ネクタイしてる人とは話をしたくない!”と言われたんです。その時、“なんて自由な職業なんだ”と感動しました。社長をしている僕でもそんな自由なことはできません。また、今のサラリーマンのほとんどは、ビルやパソコンなど、造られたいびつな環境に囲まれて生きていて、すごく疲弊しています。それに対して農家さんは、自然と共存し、人間本来の生き方をしているため顔が活き活きしています。だから人としてすごく魅力的な人ばかりです。僕にとっても農家はあこがれの職業で、この会社をやっていなかったら間違いなく農家になってました。幸いにも、今回参加できた女性陣は、優秀な農家さんと知り合うチャンスを得た方々なので、是非捕まえて幸せを手に入れてください!」と。その後、各々が簡単な自己紹介をし、農家さんが持参した特製のブドウジュースで乾杯!乾杯後は近くの席同士でフリートークがスタート。事前に集めたお互いのアンケートを見ながら楽しく談笑しているうちに最初は緊張していたお互いの表情もほぐれていきました。

€そして15分間のフリートークが終わると、お待ちかねのローテーションタイムに突入。1組5分の持ち時間で、自分とマッチする相手を見つけるために1人1人席をローテーションしてのトークタイム。農家さんも女性も、5分間でいかにお目当ての人の気をひけるか一生懸命です。驚いたのは、質問のレベルの高さ!農家さんの人柄や、価値観などプライベートな質問はもとより、もともと農業に興味がある女性ばかりだったため、農家の農業に対する熱い想いや、ライフサイクルや具体的な仕事について農業と向き合うにあたっての心得など農家の実態を本気で知ろうとする質問が飛び交いました。また、離婚歴がある農家にはその理由やどういう夫婦生活をしていたかなど、みな真剣に結婚を考えているからこその厳しい突っ込みも!

€そして、全員が一通り話し終わった後、マッチングシートが渡され希望のお相手の名前を記入し提出。見事6組がマッチングし、それぞれが20分間の2ショットトークタイムを楽しみました。
 合コン終了間近になると、各々が興味のある人の連絡先を交換し、その熱が冷めぬまま、農家の台所を後に。その後、グループで2次会に行く人、2人きりでバーに行くなど、それぞれの夜を楽しんだようです。

 …そして、農家合コンが終わってから数日後。複数の参加女性から「マッチングできなかったのですが、もう一度話してみたい人がいるのですが…。もしよかったらご連絡先を教えていただけないでしょか」という問い合わせの電話が来たのです。
しかも、合コンが終わってた今でも、「次回はいつは開かれるのですか?」などの問い合わせが続々来ています。

また、現在、何組かがうまく進んでいるという話が聞こえています!果たして、この合コンからお付き合いが始まり、結婚までいくカップルが何組出るのでしょうか!?その後を追ってレポートしていきます!

(文責:山口)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第1回農家合コン~イケメン肉食系男子。(しかも資産アリ)”と、 農家の台所で合コンしませんか?~ 開催速報!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. fがなり氏が指摘するように、私のように日々仕事に狂喜乱舞しながら、8年以上の月日を進化し続けられる優秀な人間は、農業界には行かない。

    何故ならば、農業界には私の能力を発揮するような大きな器がないからだ。
    私は、心理学的にイマ時代の最先端のビジネス理論を構築しようとしているが、農業界はその分野であまりにも時代遅れなテンポでしか進んでいない。

    私は己の力を100%出し切っても全然満たされないくらい懐が広い分野で勝負したいのです。
    ただそれだけです。

    ご無礼をお許し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>