オリンピック選手を陰で支える国立ファーム野菜~国立ファームは、東京女子体育大学新体操部を“本気で”応援しています!~

東京女子体育大学新体操部“勝手に”応援企画をはじめて約2年。
隔週で野菜をお届けし、新体操部で活躍するアスリートたちのカラダづくりをお手伝いさせていただいていました。

これは
“一流のアスリート→良い野菜を食べてカラダづくり→結果につながる”
の仮説から生まれた取り組み。

東京女子体育大学新体操部は、国立ファームが応援する以前から、現役大学生がオリンピックや世界選手権に出場している新体操界ではその名を知らない人はいないほどの伝統的な強豪校です。
国立ファームの野菜をお届し始めたキッカケも、2008年3月にオープンした西国立駅前の国立ファーム直営店「やおやのそうざいや」の前を、東京女子体育大学の学生が多く通り過ぎていく姿を見て、何か応援できないだろうか?と考えた延長線上のことでした。

新体操という競技は、美しさを競う競技。
見た目の華やかさとは裏腹に、指先から足先まで美しく見せることが要求されるこの競技は、柔軟性だけでなく、バランスやジャンプ時の脚力など、全身的にバランス良い筋力を必要とするスポーツです。

野菜は、サプリメントと違って一つの栄養素を濃縮して摂取することなく、身体に必要なビタミンやミネラル、食物繊維などを自然界に順じてバランス良く含みます。
だから、過剰に摂取することなく、野菜をそのまま食べることで、バランスよく栄養を摂ることができます。また、その味や食感、見た目を料理で楽しみながら、食べることができるところもメリットです。

東京女子体育大学新体操部に野菜納品を続け、こんな嬉しいお話を選手たちから伺うことができました。
「一人暮らしの選手が多いので、ついつい外食をしてしまったり、お惣菜を買って食べることが多くなってしまい、食事のコントロールが難しかったんです。でも、国立ファームから野菜を届けてもらうことで、野菜をもっと食べるようにしようと、まず自分のカラダに対する意識の面が一番変わってきました。そして、自然に野菜を摂る機会が増えました。特に生のまま食べられる野菜は摂りやすく、試合前の体重を特に気にする期間は、水分をとりすぎないようにするため、トマトやミカンなどの水分補給になる野菜や果物がありがたかったです。何よりも味が美味しいからこそ、野菜を食べることが継続しています!」

2009年の東京女子体育大学は、国内大会を全て優勝する快挙を遂げました。
全日本学生新体操選手権大会では、団体総合優勝59連勝、
さらに、中学生から社会人までが競技する全日本新体操選手権大会でも、団体総合優勝21連勝。両大会とも、個人競技でも第一位と第二位を東京女子体育大学が占めました。

その快挙は国内に留まらず、
セルビア・ベオグラードで行われた、
ユニバーシアード競技大会で団体総合銀メダル、
三重県で行われた、
世界新体操選手権大会でも団体(リボン・ロープ)で第4位と
世界でも選手が活躍しました。

■平成21年度の東京女子体育大学新体操部 主要成績

日程 大会名 成績 場所
7月9~11日 第25回 ユニバーシアード競技大会 団体総合 銀メダル
個人代表 出場
セルビア・ベオグラード
8月15~17日 第61回 全日本学生新体操選手権大会 団体総合優勝(59連勝)
個人 第一位 第二位 
栃木県南体育館
9月8日~13日 第29回 世界新体操選手権大会 団体 リボン・ロープ 第4位
個人 日本代表 
三重県営サンアリーナ
10月16日~18日 第62回 全日本新体操選手権大会 団体総合 優勝(21連勝)
個人 第一位 第二位
代々木第一体育館

  

東京女子体育大学新体操部には、2012年のロンドンオリンピック強化選手に選ばれている選手がいます。
国立ファームでは、ロンドンオリンピックで好成績を残してもらえるよう、今後も東京女子体育大学新体操部の選手たちの快進撃を、野菜を通して“本気で”応援させていただきます!


↑今年度の国内大会を全優勝した祝賀会。選手たちが国立ファーム野菜を喜んで召し上がってくださっていました!

(文責:広報課  熊田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - オリンピック選手を陰で支える国立ファーム野菜~国立ファームは、東京女子体育大学新体操部を“本気で”応援しています!~
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>