物流センターのオリジナルジャンパーが完成しました!

€国立ファームには、創業当初から「国立ジャンパー」と呼ばれる国立ファームのロゴとホームページアドレスが記載されたオリジナルジャンパーが存在します。

 そして、そのオリジナルジャンパーの第2弾が完成しました!
今回のジャンパーは、「物流センター用」
5~10度の中で1日中作業を行うため、
保温性の優れたジャンパー採用し、物流センター用にデザインを一新したのです。
ジャンパーの前面には「国立ファーム」の大きなロゴ。そして背面には、「野菜の目利き職人 国立府中物流センター」のキャッチフレーズがプリントされています!このキャッチフレーズは「取り扱う野菜にプライドを持って取り組みたい」という思いから、トマト農家の息子であり、物流センターのオペレーターを務める川崎が考えだしたフレーズなのです。

地場の野菜集荷をする竜太は、「センターの外でこのジャンパーを着て作業するとき、背中の“野菜の目利き職人”というフレーズを背負っているだけに、“半端な仕事はできない。野菜のことを聞かれたら全部答えられるようにならなくては!”というプレッシャーが生まれて、今まで以上に引き締まります。」と語ってくれました。

国立ファームは、今後、高級スーパーなどでの常設により、物流量がどんどん増えていく予定です。その流通の要となる物流センターが、より強い責任感と、より強力なチームワークを発揮して躍進していきそうです!

(文責:山口)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 物流センターのオリジナルジャンパーが完成しました!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>