2月10日、レタス3兄弟が農家の台所に初上陸!!

2月3日(水)~16日(火)の期間、農家の台所では「“イケメン3兄弟”が実力で恩返し!!“親父(オヤジ)超え野菜”フェア」を開催しています!

「しいたけ3兄弟」に「れんこん3兄弟」、そして「レタス3兄弟」の3組の3兄弟の自慢の野菜が農家の台所に集結!詳しくはコチラhttp://www.noukanodaidokoro.com/info.html

そして…今回、2月10日(水)にレタス3兄弟が、このフェアをさらに盛り上げるため、わざわざ静岡から農家の台所に応援に駆けつけてくれるというのです!
(11時~13時:恵比寿店/14時~15時:国立店/18時~:新宿3丁目店 を予定しています)

静岡県で、レタスの栽培に情熱を注ぐ鈴木貴博さん(長男)と崇文さん(次男)、そして靖久さん(三男)の3人兄弟。
栽培の特徴は、「レタスを美味しくするために枝豆を作ること」。
長男の貴博さんが就農し始めの頃は失敗ばかりで厳しい状況だったそうです。しかし、6年前に、枝豆の脱穀機を購入したところで、うまいレタスを作ることに成功し、経営が上向き始めたのです!
なぜ、枝豆の脱穀機がレタスを美味しくしたのでしょうか?
それは、枝豆につく根粒菌にありました。根粒菌とは大豆やクローバーなどのマメ科植物の根に寄生する微生物で、空中窒素を取り込む力があります。そのため、枝豆を脱穀機で収穫したあとの残った茎や根、葉などを畑に戻すことで、土壌に窒素分が返るのです。
今までは、枝豆を茎付きで束ねて販売していたので土地が痩せてばかりいました。
しかし、脱穀した部分以外を戻し、窒素分がたっぷり入った土壌でレタスを作ったところ、今までにはなかった素晴らしいレタスができたのです。そして、その自然循環を繰り返すことで、年々土が肥沃になり、最高のレタスができるようになったのです!!

この究極のレタスは農家の台所だけでなく様々なところから引っ張りだこで、なかなか畑から離れられない中、3店舗を行脚してくれます。
なかなかないチャンスなので、サインに写真にしっかりもらいましょう!
2月10日、農家の台所で皆様をお待ちしております!

**********************************************
<レタス3兄弟来店日時>
2010年2月10日(木)
13:00~国立店 17:30~恵比寿店 20:30~新宿3丁目店(予定)。
**********************************************
◆“イケメン3兄弟”が実力で恩返し!!“親父(オヤジ)超え野菜”フェア
期間:2月3日(水)~2月16日(火)
場所:農家の台所全店(国立店、恵比寿店、新宿3丁目店)
**********************************************

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 2月10日、レタス3兄弟が農家の台所に初上陸!!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>