第2回農家合コン「“将来性あり!”肉食系イケメン若手農家さんと合コンしませんか?」開催レポート。

€昨年12月に農家の台所・恵比寿店で行われた、第1回農家合コンに続き、1月30日に第2回目が国立店で開催されました。
 今回の農家合コンは、「“将来性あり!”肉食系イケメン若手農家さんと合コンしませんか?」と題して、募集をかけたところ、女性4人の定員に対して9.3倍の37人と応募が殺到したのです。

参加の農家さんも、①土作りにこだわりがある!②将来、篤農家になる自信がある!③イケメン!であるという条件をクリアした農家さん。そして今回は平均年齢28歳。と前回に比べ、より若手の参加農家合コンとなりました。

合コンでは、前回同様、農家さんが持ってきたこだわり野菜の料理を楽しみながら、フリートークや2ショットタイムを楽しんでいただけました。
そして、今回盛り上がった話題は、「野菜の品種」。
「これは今日採れたてのしろかもめです。」
農家さんが自分の野菜を紹介するとき、女性たちの表情が一瞬止まっていました。
なぜなら、野菜に品種があるのを知らなかったのです。
ちょっと色や味が違ってもみんな同じ“ニンジン”。
ひとみ五寸やベータリッチ、浜紅…さまざまな品種があることに驚き、農家さんに「どうやって数ある品種の中から自分の育てる品種を選んでいるのか。」「こんなにおいしい野菜を作るのにスーパーはなぜ真似をして同じ品種を扱わないのか。」など、品種の奥深さや、それを選ぶ農家さんのこだわり方など農家さんが質問攻めにあうシーンも。
そして今回の合コンでは、全員が2次会へ行くという盛り上がりを見せました!

その後、弊社宛に、参加した女性達から、
「熱意を持って農業に取り組んでいる人ばかりで、職場の周りを見渡してもこんなに熱意を持って仕事に向き合っている人がいないので驚きました!」「同年代で、土作りや栽培法を確立するために、紙面で勉強するだけでなく、色々な農家を周って積極的に情報を集めたりと仕事に対する姿勢に刺激を受けました。」「こんなに話せて、気配りができて、農家に対するイメージが180度変わりました。この合コンを友人にも紹介したいです。」との声が寄せられました。

“すごく仕事に対する情熱や熱意を感じる。”―その理由は、「農家は“経営者”」だからです。弊社とお付き合いのある農家のほとんどは、野菜の栽培はもとより、スーパーなどのバイヤーに直接営業をかけたり、直売所での販売など、「生産~流通~販売」までを手掛ける方が多いのです。ただ野菜をよりおいしく作るだけでなく、どうすれば売れるのか、いくらで売らなければ採算が合わないのか、など1つ1つを自分で考え、それに対してすべての責任を負わなくてはならないのです。それはまさに“経営者の姿勢”です。雇われるのではなく、経営者としての環境で鍛えられた、仕事に熱意と責任を持って働く農家だからこそ出せる魅力なのです。

 この経営者の姿勢を身につけた、将来有望な農家さんたちとの合コンは、今後もっと規模を拡大していく予定です。今までなかなか出会えなかった「イイ男」に出会える最大のチャンスをぜひご利用ください!

次回、2月27日 第三回「“将来性あり!”肉食系イケメン農家さんと合コンしよう!」開催決定!!
詳しくはコチラへ。

(文責:山口)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 第2回農家合コン「“将来性あり!”肉食系イケメン若手農家さんと合コンしませんか?」開催レポート。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>