負け犬 最初に潰れるのは誰? Vol.2

≪負け犬ランキング1位、堺の脱落はいつだ!?≫

【今回の注目出走犬】アサヒオチコボレ
【所属】生産部
【調教師】勝俣良

始まったばかりの国立ファーム負け犬レース。最初に焦点を当てるのは脱落予想ダントツ1位の堺だ。

入社から1ヶ月ほども過ぎると暴走を始めた堺。会議の度に上司を罵倒し、興奮した声は事務所中に響き渡った。度を越した冗談の数々で同僚も怒らせ、見かねた社長室長市川から始末書提出を命じられると、自暴自棄になって更なる暴言を吐き、ついには退職届を提出する大騒動に。

誰もが堺のコースアウトを確信したが、土壇場で反省し、高橋に直接謝罪。“高橋預かり”という管理ポストに置かれ、再チャンスの機会を得た。

堺の個性、確かに面白い部分はあるのだが、いかんせんリスクが大き過ぎる。一般企業なら早々に縁を切りたい人材だ。しかし、高橋は堺を追放しなかった。
「少しぐらい頭のおかしい奴がいるくらいが、組織は面白いだろ。」
今のままの堺個人では、何も結果など出せないだろう。けれど組織では、異質なものがぶつかることから化学反応が生まれ、イノベーションにつながる可能性もある。

とはいえ、物には限度がある。そこで、高橋が堺に与えた条件は「もしも今度この会社の誰か一人でも、堺と一緒に働きたくないと意見表明したら、即時無条件で退職してもらう。」というもの。堺の退職届は、会社に預けられたままだ。

「お前みたいな奴は1年ぐらい、何にも考えないで体だけ動かしてろ!」
商品部で騒ぎを起こした堺を、高橋は生産部トロ箱チームに異動させた。指導に当たるのは、かつて日本実践学園で教鞭を取り、海千山千の若者を育て上げてきた名調教師勝俣。もちろん堺に、農業経験は一切無い。

1年後、堺は変われるのか?それ以前に、堺が1年耐えられるのか?当人の弁を聞いてみよう。

◆インタビュー◆

-生産部で頑張れそうですか?

超前向きな気持ちです。トロ箱は、絶対儲かる、面白いビジネスだと思ってます!

-今回の不祥事について、今はどのようにお考えですか?また、本件で、なぜか堺さんだけ280万だった年俸が40万下がり、名実共に240万組になりましたが、いかがお感じでしょうか?

今回のことは、全て私が悪うございました。もうしません。謝罪の気持ちを形に表し、頭も丸めました。

年俸ダウンはショックです。納得はしますけど。借金の支払が厳しくなりますので、食費を減らします。今100キロぐらいありますが、これから激ヤセするかもしれないので注目してください。

-退職にリーチがかかってます。クビにならない努力はしてますか?

思ったことを口に出さないようにしています。

-口に出さないってことは、腹の中では色々思ってるんですね?

それはノーコメントです。

-なんだか含みがあるようですけど…。では最後に、国立ファームでの生き残り&成り上がりへの意気込みをどうぞ!

生き残ることなんて当たり前です。必ず成り上がってみせます。負け犬レースでダントツ不人気No.1の人間が、一番出世したら面白いでしょ?私の中では、面白いか面白くないかということが最優先事項なので、みんなを楽しませるためにも、結果を出していきます。
まずは、トロ箱野菜の生産・販売で会社に利益をもたらして、高橋さんの扶養家族から抜け出します。あわよくば、トロ箱御殿を国立に建てます。ということで『プロジェクトX』で国立ファームの回になったら、主役は堺がもらいます!

 ◆ ◆ ◆

堺は1日の大半をビニールハウスで過ごし、暗くなってから事務所に姿を現す毎日だ。異動以来、特に騒動は起こしていない。100キロの体躯・坊主頭に加え、農作業で日増しに色が黒くなり、外見はますます恐ろしくなっているが、土に触れ、植物を育てて心穏やかになっているのかもしれない。

とはいえ、堺のパソコン画面には、国立ファーム10か条の7条目「弱者が正義を口にするな、強者になるまで心の奥底にしまっておけ。」の文字が大きく表示されている。相変わらず自分が正義だと思っているらしい。坊主頭も、反省というよりは単なる自己アピールのように映る。

本人はトロ箱相手に嬉々として働いているが、堺の本質は変わらない、というのが周囲の予想である。名調教師の下、暴れ犬がイノベーションを起こす、奇跡の逆転劇が見られる日は来るだろうか?

2007年6月18日現在
行き詰まり度:★★☆☆☆ ※★が多いほど、脱落危険度高
調教師から一言:「大丈夫ですよ。暴れ犬には慣れてますから。」

※問題児堺を引き取った、生産部の動きは「ものづくりブログ」で!
http://www.kf831.com/mono_blog/

(文責:広報課 但田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 負け犬 最初に潰れるのは誰? Vol.2
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 堺さん、
    あんた楽観思考が行き過ぎやで。
    あんたは普通より劣る人間だと自覚せんとね。

    もっと、マイナス思考で生きろ。
    謙虚なマイナス思考人間になりなはれ。
    あんたは、ほんでちょーどええくらいやで。
    騙されたと思てやってみんしゃい。

    ほな。

  2. あと一つだけ、どうしても言っておきたいんですけどいいかな?

    以前、自暴自棄になって更なる暴言を吐き、ついには退職届を提出する大騒動に・・・って自分から退職届けを出したのかな?

    絶対に自分から辞表は出してはいけない!

    仮にクビになるにしても、土壇場まで泣いて懇願してすがり付いて粘るべきだ。

    要するに、
    1、自分からは土俵を降りるな
    2、最後の0.001ミリまで諦めるな

    仮にクビになっても、この姿勢を忘れなければ、いつかどこか別の新天地で大逆転の目もあるんだよ。
    これ、マジだから!
    俺だったら、そういう姿勢のある人間は絶対に辞めさせれないな。

    ま単純に、自分から辞めると後で後悔したりするんだよね。
    だから、クビは他人に切らせるべきなんだ。
    俺は精一杯やったけど切られたとすれば、後で何の後悔も無い清々しい訳ですよ、わかるかな?この違い・・・

    ※でも、クビになってからじゃなく、普段からその姿勢じゃないと単なる演技だと見抜かれるな、がなりさんに(笑)

  3. でも、がなりさんからクビにされたら、
    ある意味で、がなりさんの器の許容量を超越した訳ですよ。
    それは、ある意味で価値があるかもしれないね。

    でも、がなりさん『ズルイ』よね!(笑)
    だって、自分でクビ切らないで、誰か一人でも働きたくないって言ったら、
    ・・・と、他人にクビ切り判断を委ねてるもん。

    仲良くさせるには、ソレしかなかったのかも知れないけど。
    私なら、がなりさん以外にクビにされるのは不本意極まりないが、それが世間の風だと思うか、、、そいつを一発殴って留置場に10日程行く!か(笑)

  4. 早くがなりさんの代わりに『憎まれ役』を務められるようになって下さい。
    市川さん。

  5. 育てる投資をしないと人材は離れる

    ところが育てる投資をしてもリターンの精度はあまりに低い

    経営者の立場から考えるとうなずく言葉でしょうか?

    ボクが何故かいつも思うのは、経営者(親父)も従業員(息子と美人の女の子達6名程)も幸せそうに笑顔で働いてる地元密着型の繁盛している『カレー屋』です。

    ああなるにはどうしたらいいのか?
    何故ああなのか?
    本当に幸せなのか?(粗探し)
    売上は幾ら位か?(客席×回転率×単価×営業日数)
    競合店の危機は無いのか?(不思議と無い)

    すると、ふと大きな勘違いに気付く事がある。
    (俺は何の為に、沢山人を雇って沢山金を稼ぐ必要があるのか?)
    大会社の社長になりたいか? いいえ!
    金持ちになりたいのか? いいえ!
    見栄っ張りでブランド服や高級車やクラブに行きたいのか? いいえ!

    つまり、俺が生きる意味は『他に』あるという原点に触れそうになる。
    が、
    寸でのところで、触れられず逃げられる。

    俺は、そもそも何がしたかったのだろう?
    振り返るのを立ち止まるのを怖れない勇気はあるのか?
    試してみなければならない。(どーも^^)

  6. 10億も100奥もあるなら、やってやってやりまくったれ。
    がなりさんから、『もうお前は、何も動くな!』と言われてもやりまくり、『もう頼むから何もしないでくれよぉ』と懇願されても尚更、加速してやりまくれ。
    そして、10億も100奥も1円残らず使い切ってやれ!

    そうしたら、本当の意味で『高橋がなりにホントーの意味で最期の引導を渡した男』として、デヴュー出来るだろう。
    やらないんだったら、さっさと辞めろ、存在が無駄だ。

    (BJだけど・・・)

  7. 社内の競争をある意味客である外に見せるって何なんでしょう?
    お客はそんなの望んでるのかな!?

    真剣にぶつかる姿は清々しいけど、おいしい野菜を食べたい人がそんな内情知って喜ぶのかなぁ?

    競争ってなんでしょう。
    メディア的なノリが伝わってくるけど、それは必要なのかな?
    おいしい野菜を食べたい人に関係あるのかな?
    野菜たちはそんな競争望んでるのかな?
    農家の人たちは競争したくておいしい野菜作ってるのかな?

    そこに愛があるからじゃないのかな?
    自然の野菜の愛を育ててるんじゃないのかな。
    それを伝えたいんじゃないのかな?

    競争や弱肉強食やってきてるから大量生産・品質安定するような貧弱な野菜が出回ってるんじゃないのかな?
    社会の縮図が社内の状態ですよね。
    そんな状況を変えたくて始めたのなら、同じやり方は古くないですか。

    素人の意見でした。

  8. 幸か不幸か、ガナリさんは既に全国区の知名度です。
    故に、現状では一度も来店していない人や一生に一度しか来店しない人も、このブログを見に来ます。

    部門別に分かれている為、野菜の事に興味はそんなにないけど・・・がなりさんの事業や考え方に興味のある人が中心対象のブログがこのNEWSだと思ってます。(勝手にですが)

    また、規定スポーツのようにスタメン人数が決まっている訳ではないので、利益を生み出す必要な戦力になる人材なら100人でも1,000人でも在籍可能だと思います。

    ただ、今まで何の実績も残してない未熟者・半端者が集まっているので、危機感を与えないと本体が潰れてしまうのも現実です。

    競争原理がしっかり働いていない農業界だから、正当な競争を持ち込みたいのが、ガナリさんの初心では?

    9割方?失敗すると思われてる事業に無知・無経験なのに殴り込んだ、男がなりさんの奮闘記録を私はつぶさに見て今後の人生に生かし、あわよくばその一端を共有体験したい為にこのブログに参加しています。

    私には、残り13,000日程しか残されていない。
    残りの人生で、一つか二つの仕事しか出来ない、多くをやることは出来ない。
    何故ならば、私自身は『個業』を究める道に進むからです。

  9. 何に興味があり
    ココに来るのか?
    自分は
    監督兼ピッチャー・・・・
    そして1番を打つ
    高橋さんの暴走ぶりが見たいからです。

    素人の意見でした。

  10. Cazuさん、ご意見ありがとうございます。

    僕は、農業業界で生計を立てながらCazuさんのように考えていらっしゃる方々に嫌われるためにやってきました。

    共産主義者の僕は、共産国を認めていません。人間はそんなことが出来るほど成熟していないからです。

    競争や弱肉強食の精神を国やJAさんが排除しようとしたから、消費者にとってより良い農産物が生み出され辛くなってしまったと考えています。国が米を完全支配していたときにブランド米が生み出されなかったことでもお分かりになるのではないでしょうか。

    もっと言わせてもらえれば、弱肉強食を一番享受しているのはCazuさん私たち人間ではありませんか。

    きっとこのコメントでお客様を一人以上なくすことになるのでしょうが、商売のために自分のビジョンを曲げる意志は一切ありません。

    折角たずねて来られたお客様に、ご気分を悪くさせてしまいまして申し訳ありません。

                                 高橋がなり

    迎くん、たまには良いコメントをくれるね。国立ファームができて一番楽しんでいるのはオマエなんだから、オマエも商売人なら少しは国立ファームで金を使えよな!

                                   がなり

  11. がなりさん!
    私如きに、お返事を頂き有難う御座います。
    上の8番目のコメントでしょうか?
    良いコメントばかりだと詰まらなくなるので、『たまに』だけ良い?コメントをしています(笑)
    でも、一番楽しんでるのは私ではなく、がなりさんではないでしょうか?
    (ブログ内では私が一番かもしれませんが・・・笑)
    私は賭けてるものがコメントに要する時間だけなので、得られるリターンも、時間相応でしかありません。
    がなりさんは『全て』を賭けているので、ワクワクドキドキの楽しさは私の比ではないと思います。
    ブログで楽しんだ分は、ちゃんとお返しする気持ちはありますので、どうか気長にお待ち下さい。
    がなりさんもまだまだ大金持ちなんですから、3億位ではなくもっともっと奥に眠ってるお金も使って下さい!
    サプライズを期待しております(笑)

  12. 世の中には、2種類の本がある。
    一つは、真実と本音だけが書いてある本。
    もう一つは、嘘と建前だけが書いてある本。

    世の中には、圧倒的に後者が多い。

    何故ならば、前者は・・・だからだ。

    だが、真の希望とは前者からしか生まれない。

    ムカイ・タイヨウ語録Ⅲ

  13. 一見、真実のように見える嘘や
    一見、嘘のように見える真実を
    己の眼力で看破した時
    私の魂は、カタルシスに包まれる。

    人生に於ける『至福』のひと時であります。

  14. 本当は内緒ですが(笑)、ボクは純粋な商売人ではなく、社会的弱者を助け日本を変える為にコツコツ活動する慈善事業団体主催者です。

    現在は知名度も低く微々たる社会貢献しか出来ていませんが、3年以内に某県庁所在地の中での知名度が80%を超えるはずです。

    さらに10年以内に、日本国内での知名度も80%を超えます。

    その頃には、世界のマーケットからも脅威の核弾頭として常に監視の目が光る存在になっています。

    つまり、必ず後に成功するのが解ってるので、小さな存在であるいま現在の状況を舐るようにじっくりと味わいながら楽しんでいます。

    勿論、生活する上ではとても使い切れない程のお金が手元に集まる事になりますが、そうなる前から既に物欲やグルメ欲は無くなって来ています。

    大金持ちになっても、幸せでいられるかどうか?
    ・・・ソレだけが心配の種です(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>