国立市立国立第二中学校で農家の台所の講演をさせていただきました。

7月11日に国立ファームの地元・国立市にある国立市立国立第二中学校で、「農家の台所」の講演をせていただきました。

この講演は、国立第二中学校のPTAの方々が保護者様向けに、定期的に講師を招いて教養や日常に役立つ知識を身につけ、それを家庭で生かしてもらおうと開いています。
そして、今回は「食」についての話が聞きたいとの保護者様からの声を受け、地元国立の「農家の台所」にオファーがきました。

 今回の講演のテーマは、「野菜の味の違いを知ってもらう」ことと「より野菜を身近に感じてもらえる料理を覚えてもらう」に決まり、前半の「野菜の違い」を知ってもらう」パートを国立本店の店長・礒辺和明が講演し、後半の「料理を覚えてもらう」パートは、農家の台所の代表・高橋雅人が講演することになりました。

迎えた当日、通常の講演に比べ1.5倍近い47名の方がいらっしゃってくれました。

開演の時間になったところで、農家の台所の紹介があり、早速礒辺の講演が始まりました。

礒辺は、農家の台所の「サラダバー」を教室内に再現し、野菜の味の違いについてを語っていきます。保護者全員に手渡されたミニサラダを試食しながら、「品種・鮮度・栽培方法」の違いが野菜の味を大きく左右することを試食を交えながら語っていきました。

まず興味を持ってもらったのが「品種」について。配られたミニサラダで愛紅(オレンジ色の人参)を食べると「スーパーのものに比べて甘い!」「柔らかくて食べやすい!」と。パープルスティック(紫人参)やホワイトスティック(白人参)を食べると、「初めて見たわ!」「見た目に反して甘くておいしい!」など驚きの声が上がるほど。ご家庭で料理をする方でも人参は「人参」。普通スーパーで売っている人参が「向陽2号」という固くて割れにくい人参だということ、同じオレンジでも「ひとみ五寸」や「浜紅五寸」、「愛紅」など味や香りに特徴がある品種があることに驚かれる方も多くいらっしゃいました。また、色についても同様で赤や黄色、紫、白など人参という品目1つにしても広い幅があることを知っていただけました。

そして、鮮度の部分ではゴールドラッシュ(トウモロコシ)を例に取り、「野菜は生き物です。なので呼吸をしています。畑で収穫されてからも呼吸し続けます。呼吸するということは運動していることなので当然エネルギーを使います。その呼吸は、糖やビタミンをはじめとする栄養素をエネルギーに変えて行われているので、長い間置いておくと糖度やビタミンがなくなり、味が損なわれます。そして、鮮度が落ちるのを防ぐためには、人間と同じように、暗くて涼しい場所で保管すると休眠状態になり、呼吸する量が減り、鮮度を保持しやすくなります。また、野菜が畑でなっている状態を保つとより鮮度を維持しやすいです。アスパラが良い例ですが、畑に垂直に生えてきます。収獲後、それを横にして保管すると、立ち上がろうとしてエネルギーを多く使ってしまうのです。人間で言うと腹筋している状態ですね!」と、鮮度が落ちる仕組みと保管の仕方を語ると、メモを取り始め、「他にも立てて保管する野菜を教えてください!」と質問の声が上がるほど興味を持っていただけました。

礒辺の話が終わると、高橋雅人の料理講演にバトンタッチ。
今回のテーマは「より野菜を身近に感じてもらえる料理を覚えてもらう」ということで、農家の台所で食べやすいと人気だった「野菜のデザートメニュー」を中心に料理講演をしていきました。
今回の料理に選んだのは、枝豆フェアで人気だった「かるかんずんだ饅頭」、デパ地下の中食イベントで好評だった「トマトとナスの梅酒ゼリー」と「ソルトリーフの生春巻き」の3品の試食を召し上がっていただきながら、調理をデモンストレーション。

料理の中で特に興味を示したのは、梅酒のゼリー。野菜ゼリーに合うように下ごしらえをしてを梅酒を混ぜてゼリーで固めるデザートで、試食を食べた方から「野菜が非常に食べやすい!」と好評をいただき、料理終了後にも「ナスとトマト以外はどんな野菜が合いますか?」など積極的な質問も!

 2人の講演が無事に終わり、片づけをはじめると、サラダバーの前にお客様がいらっしゃり「このトウモロコシはお店で買えますか?」「一番甘い人参の品種を教えてください」など礒辺が質問攻めに!
予想以上の反応に講演をした2人から終始笑みがこぼれていました。

農家の台所(国立ファーム)では、今後も地域貢献や、講演など、積極的に野菜や農業についての伝道師となり、より野菜や農業に興味を持ってもらえるように取り組んでいきます!
今後も、農家の台所にご期待ください!

(文責:山口)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 国立市立国立第二中学校で農家の台所の講演をさせていただきました。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>