7月14日発売『AERA』の「現代の肖像」に高橋が登場します!

広報課の但田です。

本日7月14日(土)発売の週刊誌『AERA』に、
6ページに渡り高橋が登場いたします。

掲載されるのは「現代の肖像」というコーナーです。
「現代の肖像」は『AERA』創刊当初から続く人物ルポタージュ欄。
本人へのインタビュー以外にも、
本人をよく知る方々への取材を丁寧に行い、
取材者の視点も交え、人物像を深く描きだしています。

高橋の取材・執筆は黒井克行氏が担当。
黒井氏は、マラソンの高橋尚子選手や、
プロ野球の工藤公康選手に関する著書でも知られる
ノンフィクション作家です。

今回は、人物ルポタージュという性格上、
事前の原稿チェックは入っておらず、
内容は発売されてからのお楽しみとなっております。

高橋がなりに注目していらっしゃる方、
ぜひ『AERA』をご覧になってみてください。

€

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 7月14日発売『AERA』の「現代の肖像」に高橋が登場します!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 美味しいものに目が無いんです!
    って言ってる女性を見ると
    (こいつ、男だったら風俗行き捲くってるな!w)
    と思えてしまいます。

    つまり、己の欲望を垂れ流しにしている点において、両者は酷似しています。

    俺はそう思います。(笑)

  2. 稚拙な疑問ですが・・・天麺雅は㈱式会社ですが、国立ファームは何故、有限会社なのですか?

  3. 国立ファームの市川です。

    いつもコメントありがとうございます。ソニー時代はメール月に2000通書いてた私が今メール溜め込んで処理しきれない状況なもんで、コメントめったにお返事できずすみません。
    迎太陽さん他、皆様からのコメントはメールで届くようになっており、すべて目を通させていただいてます。出来ることから改善していきますが、正直赤字の会社でまず、もうけないことにはという事情もあって、本業に追われてる中、全部にコメントする余裕が無いのも事実なので、そこはご容赦ください。

    で、有限会社ですが、弊社高橋が国立ファーム登録したときはまだ、LLCとかが解禁前だったのですが、農地を取得するのは株式会社では難しいということで有限会社になっています、という話だったかと思います。
    株式会社だと株主都合で農地が切り売りされてしまうのでは?というのがそういう法律が出来た背景らしいですが、時代に合わないのも事実ですね。

    なので、今はあまり関係ない?みたいですが、もう有限会社作れなくなった今、巨大な有限会社とかあったらおもしろいんじゃない?みたいなことも高橋は言ってるんで、半分は、農地法、半分は、ネタと洒落だと思います。

    他社でいうとワタミファームさんなんかは流通会社?部分がワタミファーム株式会社、生産会社がワタミファーム有限会社、と同じ名前で、2社あったりするみたいで、私個人では、そういうイメージだったのですが、高橋はそうは思ってないみたいです。
    とりあえず、ご参考まで。

  4. お久しぶりです、室長市川さん。(^^)

    なるほど、そういう理由でしたか!

    息抜きにコメントしてるつもりが、息抜きし過ぎじゃないの?と、思われかねない私ですが、ご容赦下さい!(笑)

    仕事をする動機とは、青でも緑でもどっちでも良い様な事象に『青』でなくてはならない理由を見つけてしまった己の不幸が悔しいから、何とか幸福に転換できないかと考えていたら、転換する方法が見つかってしまったので、面倒くさいけど仕方ナシに自己弁護するようなモノかも知れません!(苦笑)

    要するに負けず嫌いな子供魂の塊に過ぎないのですが、かと言って、すんなり大人になれるほどインポでも無いんですよね、がなりさんも(笑)

    AERAは、まぁだ読んでませぇんがぁ、その内どっかで立ち読みします!

  5. AERAは、読みません。
    書店で売り切れていたからです。
    黒井克行さんとは、『縁』が無かったやうです。

    2007.07.16、私の魂は生まれ変ります。
    昨日までの、下らない言葉しか産み出せない我を殺します。
    覚悟して下さい。

    ギアを上げます

    迎 / 太陽

  6. 3度目の正直みたいな邂逅で立ち読みにありつけた次第です。
    全体的にしんみりした話でした。
    が、まだ何も成していない段階で、このテンションの話は無いかな?と思いますが。。。
    どうなんでしょ?

  7. でも、僕は『会社が学校だ』とは云えないですね。

    いつも、『会社は学校じゃないからな!』と言って、スタッフを不安のどん底に突き落とし暗い顔にさせています。

    何故かと云うと、そいつらが暫らく後『勘違いして』独立とかするんですが、大事に大事に良い子良い子して教育した奴らは、100%つまづいてしまうからです。

    で、巨額の借金背負ったり、失敗の原因を自分以外のせいにして、いつまで経っても成功のキッカケが掴めないまま『死んで』行くからなんです。

    僕は、そんな弱いクズを社会に排出したかと思うといたたまれません。

    だから、失敗する奴は『僕のトコロ』で勘違いすら出来ないほどに『叩きのめして』やらなければならず、会社が学校だとか生温い事ぬかす奴がいたら夜中の2時だろうが、殴り倒してやらなければなりません!

    ま~そんな感じです。(迎)

  8. NHKは、腐敗臭。
    トヨタはアメリカ臭。
    日産は詐欺臭。
    NTTは、社会保険庁に酷似臭。

    警察は?
    都庁は?
    県庁は?
    市役所は?
    区役所は?
    国家公務員は?
    地方公務員は?

    臭い奴らは、JA以外にもいっぱいいます世。
    だったら、そん中で『ウマク』やればいーんかな?

    そもそも、そういうルールなんじゃないかな?
    世の中という社会は!

    己が生まれた社会のルールに従えない不幸って根が深いね。

  9. takahashi がなり さんは
    21世紀、平成の日本に蘇った特攻隊の魂か?

    傍観者は
    静かに佇み
    遠くを見やる
    骨は
    拾いましょう
    がしかし
    墜落願望は
    拾えません

    千里の蝉 こと 迎太陽

  10. 高橋がなりさんの下で修行して、独立して成功された方はいますか?

    また、その方はどの業種で成功されましたか?

    成功の基準は、前職を超える年収と社会的地位を得えられた場合とします>

  11. 青春は鬱陶しくて、もどかしくて、馬鹿馬鹿しくて、切なくて、哀しくて、激しくて、間違いだらけで、何も見えなくて、失うばかりで、拒絶されて、何も出来ずに雨に打たれて、ただ見ているだけの観客で、誤解だらけで、勘違いしてて、夢の形も洗脳されたまま、真っ直ぐ歩く事さえできず、大人になって鈍感になる事でしか自分を守れない愚鈍なカリ首のような大衆の一人にしか過ぎない青春でしたっ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>