8月31日に宿題が終わればそれでいいのか?

通勤電車から学生たちの姿が減った。夏休みシーズンの到来だ。
高橋はよく、仕事を夏休みの宿題に例える。

「お前ら、8月31日にギリギリで宿題やってなかったか?」

8月31日に終わればいいと考える人は、宿題を放置する。ギリギリになってようやく手をつけるのだが、結局は時間が足りなくなって提出が遅れたり、いいかげんに仕上げてしまうことが多い。逆に、優秀な人間は、7月中にさっさと終わらせ、8月からの1ヶ月を自由に使う。

両者の違いは、社会に出てからの仕事にも現れる。仕事を〆切直前まで溜め込む人と、すばやく終わらせる人。さっさと終わらせれば、その後に肉付けをすることもできれば、新たな別の仕事をすることもできる。前者と後者のどちらが成功していくかは、明白だ。

かつての高橋も、「8月31日に宿題をやっていたダメなヤツ」だったという。2度の大学受験に失敗し、その姿勢を改めようと決意したそうだ。佐川急便やテレビ制作会社IVSでのスピードが求められる過酷な仕事を通し、自分を変えることに成功した高橋は、やがてAV業界で大きな成功を収めた。

夏休みの宿題も仕事も早く終わらせた方がいい。頭では分かっているけれど、できないでいる間に、成功する人間とダメな人間の差は広がって行く。7月中に宿題を終わらせられるような、スピード感のある集団に変わっていきたい。

(文責:広報課 但田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 8月31日に宿題が終わればそれでいいのか?
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 「お前ら、8月31日にギリギリで宿題やってなかったか?」
    ・・・ここからなんですか~
    仕事の報酬は仕事って誰かが云っていました。
    それしか無いですね!
    無心に働かせる。
    いい環境は活用して、はじめて活きる!!
    その環境を使えない人たちの待遇は仕事。
    道具はあっても使えない、使う気のない人には
    めいっぱい苦労していただきましょう。

    でも高橋さんの思惑通りですね。

    一日持たないキャリアの行方は   笑

  2. 仕事中に何(音楽)を聞いて仕事するかで、その人の感性が判る。
    がなりさんは、何をきいてしごとするのだろうか??

    『プロジェクトX』のテーマかな?<笑>

    っさって、エリオット波動が終焉した『私』は何を聞いているでしょ??

    gainen
    ga
    tigau
    monowo
    tunageru
    noha

    insupire-shon
    to
    hijousiki
    desu
    (warai)

  3.  は~い、いつものメンバーの皆々様、こんにちは!!
    何日かブリにこちらにきてみたら、またもや過去の栄光伝説的な社長室へのご挨拶で誠に結構なお味でございます。画竜点睛を欠くというよりも自画自賛伝言ゲームと申しましょうか?
    まぁ、アテクシ個人の主観なのでおきになさらずに。叱咤ととるか激励ととるかお任せいたします。ご不快であれば削除お願い致します。

     さて、ちまたでは「夏休み」などという遅寝遅起き人間が発生する時期、真っ只中に突入いたしました。夏休みに絡んで上記に「宿題」のことが書かれてありましたが、う~~ん、もっと頭を柔らかくイッテミヨウ!!
     宿題についてこう考える。9割を7月に終えて、8月31に残りの1割を終わらせる。又は、9月1日の当日の朝にやっても可ですが、何か?
     7月中に宿題を終らせるなんて、職場に置き換えたら「嫌味」のなにものでもありません。普通に流してる程度でも他の人からみたら「頑張ってる」などと「嫉み」「ひがみ」の意思表示として多量の仕事が回ってきます、俗にこれを「潰す」と申しますが・・・・。
     ま、普段はバスでもフォークでもいいんですよ、だけど、いつでもスポーツカーであることを忘れてはいけないし、違うところでスピードに慣れていなきゃいけないね。
     30女が生意気言って、すみませんね。

    ああ、それから、タイヨウさん、八百屋A、B、Cの回答どうぞ!!
    わたしは、金麦とまってまーーーす(麦

    追伸:AVオープン結果でました?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>