全ての余り野菜を漬物にせよ。全ての余り果物をかき氷にせよ。

オープンから1ヶ月以上、高橋は八百屋を放置し、店の成長を待っていた。そして1週間前、高橋は初めて八百屋を訪れた。店を見た高橋は、全体に活気が足りないと指摘した。活気が足りないのは、商品が足りないからだ。

商品不足を補うため、店内の随所に置物や装飾がディスプレイされていたが、それら、特に意味を持たないものも、高橋は全て撤去させた。こうして、店はますます閑散とした。

店舗改善のため、新たに与えられた猶予期間は1週間。1週間後に活気が出ていなければ、店を閉めることも辞さないという。

八百屋チームは商品を増やしに走った。野菜・農産物加工品とも発注を増やし、POPを増やした。(※POPとは、商品に添えた広告のこと。詳しくは8月11日記事を参照ください。)

こうして迎えたのが、本日8月22日。昼過ぎ、険しい顔をした高橋が店舗に登場した。商品量を増やしたとはいえ、高橋の要求水準には満たない。そこを補うため、少しでもPOPで活気を出そうとしているのも、高橋には一目瞭然だ。
「今は、陳列の工夫で活気だそうとしているだろ?それが根本的に違ってる。10個陳列する所に、20個陳列すれば、自然と活気が生まれるんだよ。」

つまり、高橋が求めている活気は、ヨーロッパの街角のマーケットのように、溢れんばかりの青果物が所狭しと並んでいる店だ。八百屋チームは、抜本的な商品増量に走ることになった。

では実際に、山のように商品を並べたらどうなるか?当然、在庫が増えすぎて、売れ残りを廃棄する可能性も上がる。そこで白羽の矢が立ったのが、八百屋のキッチンを取り仕切る田口だ。

「田口は、残ったものは全部漬物にして。」
売れ残った野菜は全て漬物にする。また、余った果物は全てシロップ漬にしてかき氷に使う。加工によって、青果物の商品寿命を1週間延ばすことが田口のミッションだ。

あらゆる余り野菜を漬物にすることができるのか?まずは、他店も回ってアイデアを盗み、漬物の幅を広げること。八百屋にずらりと漬物壺が並ぶ日は、きっともうすぐだ。

20070822.jpg  20070822sono2.jpg
左が改善前の店内。右が改善後の店内。商品もPOPも増えているが、今後は今の比ではない活気を出して行くことに。

☆八百屋の日々の動きは、八百屋ブログで!

(文責:広報課 但田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 全ての余り野菜を漬物にせよ。全ての余り果物をかき氷にせよ。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. Paul Potts が4000万かっさらっていった・・・携帯販売員が夢の男へと変身、審査員の表情に注目!! より:

    塩漬けと、甘い黒酢漬け。そうピクルス風なものもいいかも。
    あとスープものみたいなぁ。

  2. 以前より、HPのお写真をみて感じていたのですが、陳列や照明にまだまだ工夫があるようにみえます。一度、テーブルコーディネートの方を呼んで、レイアウトされてみてはいかがでしょうか?照明一つで、雰囲気も野菜の表情も変わりますし、木の棚の雰囲気なのか、煌びやかなイメージなのか・・。右往左往する現場の方が少し気の毒にも思います。

  3. >4
    迎 太陽さん
    ご自分の「国立ファーム観察日記」ブログがあることでしょうから、
    そちらを教えていただけますか?
    いやね。。。実はうちのかみさんが。。。がなり氏に固執するワケをしりたいって言ってましてね・・・・。

  4. ないですよ。
    ガナリしに固執しない理由があるか聞いてみて下さい。
    その反対が固執する理由ではないでしょうか?

    つまり、無いですな・笑

  5. 確かに『文章力』も無いくせに『本』を出した事に関しては、
    「ふざけんな!」と思うことはたまにありますが、それは多くの人々に云えるので違うなと思いますね。

  6. まぁ、ばら撒いて強く健康にと溜めになるのは、畑くらいなもんでしょうね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>