8月27日(月)~9月9日(日)、ぶどう・梨フェアを開催いたします。

広報課の但田です。

8月も残り僅かです。果物の旬も、初秋へと移り変わって参りました。ということで、8月27日(月)より、直営レストラン『農家の台所』では、ぶどう・梨フェアを開催いたします。今回のフェアでは、“市場流通しにくい品種”にこだわりました。柔らかくて痛みが早い・生産量が少なくて大量出荷できない…などの理由から、スーパーなどで販売されにくい品種を中心にご用意いたします。

フェアの期間限定で、ブドウ・梨を使ったデザートが登場する他、そのままお席でデザートとして召し上がっていただくこともできます。

●ブドウ
ブドウには、疲労・体力回復に有効とされるブドウ糖と果糖が、多く含まれます。暑い日が続いて体がダルい方、元気付けにブドウを食べてみてはいかがでしょうか。
さらに、ブドウと言えば、ポリフェノールの抗酸化作用が注目されている、ワインの原料です。ポリフェノールの一種、アントシアニン・タンニン・レスベラトロールが豊富に含まれます。特に、皮ごと食べられる品種では、皮に含まれるこれらの栄養素をしっかり摂取できます。

今回のフェアでは、まず、「高尾」・「藤稔」(東久留米市/島崎さん)・「安芸クイーン」(国分寺市/坂本さん)・「巨峰」・「ピオーネ」(山梨県/田草川さん)・「デラウェア」(山形県/やすべえ農園さん)の6種が登場いたします。その後、旬の変化に合わせて、「瀬戸ジャイアンツ」・「ピッテロ・ビアンコ」(愛知県/鈴木さん)・「ベニバラード」「多摩ゆたか」(府中市/小牧さん)の4種が加わる予定です。食べ比べて、お気に入りの一品を探してみてください!

●梨
梨は消化酵素が豊富で、タンパク質の分解を促進してくれるため、肉料理などのデザートに良いそうです。また、利尿作用のあるカリウムや、便秘に良い食物繊維も多く、身体の中にたまったものを外に出してくれます。更には、タンニンがアルコールも外に出してくれるので、飲んだ後にもオススメです。疲労回復効果があるアスパラギン酸が含まれているのも嬉しいですね。

今回のフェアでは、栽培が難しく収穫のタイミングも難しいため市場に出回らない「秀玉」(神奈川県/鈴木ファミリファームさん)と、梨の主力品種「幸水」(福島県/藤田さん)から始まり、旬を追って品種が変わっていく予定です。

尚、8月26日(日)までフェアを行っていた、くろうえもん農場の「だだちゃ豆」ですが、一番人気の品種「白山」の旬が続いておりますので、引き続き販売いたします。枝豆の最高峰「だだちゃ豆」にしか出せない味と香りをお楽しみください。

残暑の厳しい日が続いております。溜まった夏の疲れを、みずみずしい果物を食べて解消しましょう!

☆ブドウ・梨フェアの今後の様子は『農家の台所ブログ』をご覧ください!

 budounashifea.jpg
ぶどう・梨にだだちゃ豆、夏野菜で賑わう店内

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 8月27日(月)~9月9日(日)、ぶどう・梨フェアを開催いたします。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 何を食べるか?と云う問題は、何を考えるか、どう生きるべきか、何故生きているのか、どう死ぬべきか、に通ずる問題であり、非日常や浮ついた流行の問題とは別次元の根本哲学だ。

  2. 太陽さんの『哲学』や『精神論』ですが、もちろん垂れ流しにするのもいいのですが、少し度が過ぎてるように感じますよ。見る側としては、少々、満腹感を覚えています。

  3. 俺は、アントレを読んだ。
    高橋がなりのページだけ読んだ。
    勿論、立ち読みで。

    変化を感じた。

           ・・・以上。

  4. 俺はもっと食べ物にスピリットを感じたいんだよ!
    分かるか?

    魂の無い腑抜けた料理を出してたらいかんよ!
    料理に魂込めろよ!

    クソヤロウ!

  5. ボクは、朝起きてすぐにPCで為替のチェックをする。
    寝惚け眼で、昨夜の為替との変動推移をチャートで確認して、ヤフーニュース~を一通りチェックする。
    TVは見ません。
    暴れん坊将軍ももう見ません!
    新聞も読みません。
    本は読みます。

    ボクはネットで世界を俯瞰し、がなりサンはTVを通して俯瞰しているのだと理解しました。
    仕事をする目的は貧乏が物凄く嫌いだからです。

    決して偉人ではありませんが、身の回りや仕事で関わった人々を少しだけは幸せな方向に進む手助けは出来る自信があります。
    人材を育てる自信はほぼ皆無です。
    だから、何とか自力で頑張って育って欲しい、と願っています。
    虫のいい願いですが、ソレが本心です。
    自分でモチベーション上げて頑張ってくれれば、ボクはニコニコしてるだけです。

    順当なら2050年~2060年頃に没します。
    年の為、DNAは残したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>