5ヶ月ぶりの採用説明会、開催!

本日9月24日(月)、約5ヶ月ぶりの採用説明会が、国立ファーム事務所で開催された。今までの説明会では、こちらから会社概要等や理念を説明していたが、今回の説明会は質疑応答形式。ホームページをご覧の上、質問をご用意いただくよう、予め参加者の方々に連絡し、当日を迎えた。

説明会の予定時間は2時間。はたして、質疑応答で2時間も必要だろうか?と思いきや、参加された皆様からの真剣な質問に高橋が熱く語り返し、あっという間に2時間半が過ぎた。

いただいた質問は、「国立ファームの川下ターゲットはどのような消費者層か?」「農業改革とは言っても、生産者は農協との関係があるから、国立ファームに協力しにくいのでは?」など。対する高橋の回答で多く登場したのは“できることから”というフレーズだった。例えば、八百屋「大根1/3本からお届けします。」では、目玉商品を作るため、市場から安売りの野菜を仕入れている。市場を使うのは、国立ファームにとって好ましいことではない。それでも、その目玉商品を買いに来てくださるお客様に、高付加価値野菜に興味を持っていただくためのきっかけになる。

「本当は理想通りに一直線で行きたい。けれど、一直線でしか進もうとしなければ、障害物にぶつかると進めなくなる。如何に回り道もできるかが経営者には必要だ。」などと、会社説明に留まらず経営論まで飛び出した。会社案内も渡さず、会社概要すら省いた異色の“説明会”であったが、参加者の方からは「刺激的だった」「(高橋は)本やテレビのイメージそのままだった」等のご感想をいただいた。

説明会の後は高橋が面接をする予定だったが、質疑応答を通し、高橋自身は判断材料を集め終え、面接は各部門責任者が対応することとなった。

今回も多彩で意欲溢れる人材が集まり、引き続いて行われた部門責任者との面接では、野菜や農業について熱く盛り上がるシーンも多かった。一期一会、本日の出会いが国立ファームを、更には農業ビジネスを変えて行くきっかけにつながるかもしれない。新しい融合に期待したい。

20070924setumeikai.jpg

(文責:広報課 但田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 5ヶ月ぶりの採用説明会、開催!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 経営者になって孤独になるとかよく言われますが、目指すべき方向が善ならば、仲間と云うか同志が山ほどいる事に今更ながら気付かされました。

    故に、孤独とは程遠いのでした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>