時間が無い人、時間を作る人

直営八百屋「大根1/3本からお届けします。」では、
無料宅配サービスを行っている。
宅配に自転車で向う奥野の姿を、高橋が見ていた。遅い。

自転車で走る姿を見掛けたに過ぎないが、高橋は断言する。
「奥野がいかにのんびり仕事をしているかわかるよ。
日頃から時間に追われてないから、自転車でもたらーっと走るんだよ。」

時間が足りないと言い訳をする人ほど、時間を無駄に使っていることが多い。
時間が足りない人と、時間を作り出せる人は、時間への意識の持ちようが違う。

時間の対価を意識する人ならば、
自転車に積んだ荷物は幾ら分で、粗利がどれだけ、
ならば人件費として何分使っていいのかが気にかかる。
自然と、自転車を漕ぐスピードも速くなる。

自転車を必死で漕いだところで、縮められる時間は数分に過ぎない。
けれど、積み重ねることでリズムが変わり、他の仕事のスピードも上がっていく。
時間が足りないなら、どう時間を作るか、
一つ一つの行動を見直してみる価値はありそうだ。

※奥野の今後の健闘?は、「八百屋ブログ」をご覧ください。

(文責:広報課 但田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 時間が無い人、時間を作る人
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 何が可笑しいかと云うと
    そこまで合理的思考が出来る人間が
    農業を一からやるとは
    とても思えない
    という疑問にぶち当たるからだ

    …ボクはそう考えますw

  2. 氏の経営思想・狙いもツボを得ており、
    採用者たちの経歴→考え方・実力などからみても
    こんなに元手を食い潰して、早々と残・四億ちょっとになるとは
    とても思えないのだが・・・


    飲食部では接客態度にに時間的焦り→不快感・・、
    生産部で水遣りを失念・・、
    「ここは何でもかんでもギリギリ過ぎるんだよなぁ~」と、
    コピー機の時間ロスくらいで 半ギレする人間・・

    ・・仕事に必要な “様々な余裕” を作り出すために、
    必死にリソース(人・物・時間)を工夫・努力・指導は どうなのか。

    経営情報を集約させ、投資額・数%単位の節制を果断せねばならない 経理部長の 次なる策は・・ 


    ふと、ユニクロの社長が、
    中高級路線+『農業界の流通は まだまだ無駄が多いから。』と、
    農業界に参入、しかし、複数の記事から
    『高めの値段と、顧客に思われ・・』と取材で叩かれ、
    03年 売上高-経常損失=▲二億八千万・・
    ゆえに撤退を余儀無くされたユニクロを思い出す。

    御社近くの西友←ウォルマート指導 低価格路線なのだが、
    適時・適作・適量提供のイトーヨーカドーに負けっぱなし・・
    (廃棄ロスは悪と割り切る姿勢。→八割客は目玉商品を買い、+α商品の
     薄利で生計を立てているのは、元ヨーカドー関係者が入社してる以上、百も承知。)

    その反面、奇形果・流通に乗りにくい新参果実を 安価に仕入れて、
    儲けを出してる 果物ジャム・野菜ペースト屋が居たりする・・


    JAも資材調達コストの改善、生協も流通ポイントの見直しなど、
    巻き返し策を打ち出してきた・・

    ・・・農業・飲食・流通 界で生き残るためのノウハウの蓄積は・・・
    ・・・こんまい商売は インパクトが無さ過ぎると、初期投資額が大き過ぎたのか・・・
    ・・・それとも 一年過ぎ後くらいには、V字回復するのか・・・
    ・・・米のレジデンシャル・バイヤー的な仕事以外は、縮小整理していくのか・・・

    ・・ハラハラ・・
    見てる分にはスリル満点・・いや 笑みなど消えそうな 土壇場に見えるのだが・・ではでは。

  3. V字回復じゃなくてもいいじゃないか!

    L時回復で!

    と、『眼鏡君』が言ってましたw

    では、問題です!
    さて、眼鏡君とは誰でしょう?

  4. 人をクビにして人件費を浮かそうという発想ならば、未来が無いだろうと思いませんか?

    なら、最初から一人で出来る範囲でやればよかったのに、と思いませんか?

    最期に何が、誰が、残るか、
    見えますか?

  5. そこまであえて業界に精通する必要があるのかな?
    否定はしないが
    あくまで平面にいくつもの面を描き、そこに線を引いているに過ぎない様にも感じてしまう。
    同じ路線を歩んでいるだけ。
    標準化以外のなにものでもない様に感じてしまう。
    変革のエネルギーを流すにはベテラン、いやエキスパートと言われるものたちの日常の仕事(業務の前面にでてくるもの)の排除が必要だと、あえて思う。
    変化していく事が今は重要なんじゃないかな。
    若い未知の力こそ栄養剤になるのでは??
    使い方だよ。それを引き出せる力があるかが問題だ。

  6. どんな優れた才能も
    継続し続けた人間の前では
    歯が立たない

    なんか、そんな気がする。
    つまり、人生レースにおける瞬間的な強さとは『弱さ』の一面でしかない。

    勝ち続けることが強いのではなく
    そもそも、継続する事が『強さ』なのではないか?

    高橋がなり さん?

  7. 外野のさえずり

    ① 莫大な資金・膨大な研究・知恵を結集→手応え有り・評判高し。

    ② 今は 全員が 生き残り策を 高速で挑戦すべき時
    →見解の相違で袂を分かつ事もあろうか。

    ③ 己の為だけでなく、組織全体の生き死になど、他を鑑みる事が出来ているか。
     (創業期は寝袋など 当たり前に聞く話。)

    ④ 雨振って地 固まる・・しかし 余りの豪雨の後には、
     せっかく築いた地盤が・・地滑りの連続・・
      ・・陰では 不気味な地鳴りも続いているが、どこまで堪え切れるか・・

  8. 訂正.
    呑んだあとだったもんで書き間違えました。・・すいませんですw

    × 雨振って
    ○ 雨降って

  9. 何故、農業である必要があるのか?

    というアピールが欠けているのだよ!

    分かる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>