去り行く負け犬、残る負け犬。

【今回の注目出走犬】谷口 祥吾
【所属】商品部
【調教師】鈴木 辰徳

入社から半年を迎えた負け犬たち。
最初の脱落者が出たのは、9月30日だった。
それから1ヶ月あまり、安田・堺と退職者が相次ぎ、
負け犬レース脱落者は4名となった。

最初の2名からは負け犬の遠吠えを聞かせてもらったが、
所詮、入社時に抱いた思いを棄てて去って行く人達。
幾ら集めても遠吠えでしかない。
では、彼らのレース脱落を、
残った負け犬はどんな風に受け止めたのか?
今回は、堺を間近で見ていた、商品部の谷口に話を聞いてみよう。

◆本人インタビュー◆

-谷口さんは堺さんと仲良しでしたよね?退社は予想通りでしたか?

堺さんとは家が2軒隣だったので、なんとなく一緒にいました。
入社してすぐに騒ぎ起こすし、いかにも辞めそうだったけど、
もしかしたら大逆転もあるかなって思ってました。
だって、34,5歳で仕事を転々としていてお金もなかったら、
もう親にも甘えられないし、辞めても行き場ないんじゃないかな?
なんといっても、堺さんは高橋さんのことが大好きだったし、
問題起こしながらも図太く続けるかと思ってました。
でもあっさり辞めちゃったのを見て、
職を転々としているっていうのはそういうことなんだって、納得しました。

-堺さんから得たものはありますか?

堺さんから得た物は…。
うーん、読み終わった農業新聞をよく貰いました。
あと、高橋さんのAV「女柔道家とレイプ魔」のDVDを借りました。
実はまだ返してない…。AVは迫真の名作でした。
柔道好きの堺さんに相応しい…。

-農業新聞が貰えなくなったのは残念ですね。
 脱落者も増えて来て、次は自分かも…と考えることはありますか?

うーん、僕は、脱落する可能性は0%です。辞める理由がない。
同期入社の中で、
前を走る人と脱落する人が出て来たことが刺激になってます。
前を走る人には追いつかなきゃって思えるし、
脱落した人を見ると、自分はまだ残ってるって自信にもつながってます。

-負け犬レース出走犬の中で、谷口さんにとって今のライバルは誰ですか?

高桑さん。200万の借金を返した根性がすごいです。
どん底を経験して来て、もう後もないからしぶとそう。

-確かに、高桑さんは捨て身でしぶとそう…。
 では、今後に向けて意気込みをどうぞ!

負荷がかかった時が本当の勝負。その時に向けて力を付けます。

◆ ◆ ◆

若さの割に活気がなく、
負け犬ランキングでは堺の脱落により2位に浮上した谷口。
派手さはないが堅実な仕事ぶりで、社内評価は上がってきている。
11月の商品部再編でも、なるべく若手を外へ出そうという動きの中、
商品部に不可欠とのことで残留が決まった。

直営レストラン「農家の台所」と、直営八百屋「大根1/3本からお届けします。」への発注量や価格の決定、商品部の基幹データ整理などを担当。バラバラに保管されていた年間栽培スケジュールを集約するなど、一歩一歩着実に業務を進めている。時々もらす呟きが核心を突いているとのことで、部内での信頼も篤い。

今まで出走犬の中で、礒辺・奥谷の独走が目立っていたが、
谷口のように、地味に伸びてきている出走犬も現れつつある。

同期入社が一人、また一人と去って行くのは寂しいものだが、
100の能力を持つ人間に120の負荷をかけて伸ばすのが高橋流の育て方。
脱落者が増えて行く一方で、残る人間が見せる成長に期待したい。

2007年12月6日現在 
行き詰まり度:★★☆☆☆ ※★が多いほど、脱落危険度高
調教師から一言:「谷口の強みはペースがぶれない所。重みで潰れるか、歩みを止めないか、これからが楽しみです。」

(文責:広報課 但田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 去り行く負け犬、残る負け犬。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. こういうコメントを載せる場所ではないのは承知していますが、載せさせてください。初めての投稿です。
    国立ファーム応援しています。たまにですがこのサイトを見ているものです。高橋がなりさんのプチファンです。
    ネット上も含め直接言葉を交わした事はないですが、ポジティブな発想と的確なアドバイス(SOD時代のブログ)に何度か救われました。感謝している人の一人です。

    今は事情によりリハビリをしている生活です。また、ある国家資格を目指していて勉強ばかりしています。来年受験しますが、それが終われば国立のレストランに初めて食べに行こうと思っています。

    がなりさん、陰ながら応援しています。
    また他の社員の方々もそれぞれの目的とかあって働いていると思います。大変な事も多々あるでしょうが是非日本の農業界を変えていくという共通意識の元に個々の役割を担って頑張っていって欲しいと思います。

    拙文失礼しました。

  2. >職を転々としているっていうのはそういうことなんだって、納得しました。

    いい事云うね!
    そうなんだよ、世の中、驚くほど自分を持った人間ばっかりなんだよ。
    センチメンタルなボケばかりなんだよ。
    女々しい女みたいな男ばっかりなんだよ。

    だから、そんなのほっといて自分でやれ。
    それが、一番マシな生き方だ。

    迎 太陽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>