待っていて来ないなら呼び込みに行け。

直営レストラン「農家の台所」お土産コーナーの販売力は高い。
旬の野菜のフェアを行えば日販10万円を越えることも珍しくない。

当初は農産物加工品がメイン商品だったが、
お客様の要望にお応えするうちに、野菜の陳列量がどんどん増え、
今ではイベントスペースの半分以上を野菜が占めるようになった。
お食事のついでに野菜を買ってくださった方がリピーターになり、
野菜を買うためにお越しくださることも多い。

だが、ネックはやはりビルの3階という立地。
「農家の台所」を知っている人でさえ、足を運ぶのが億劫だ。

そこで、新たに始めた方法が呼び込み。
ホールスタッフがその日の目玉野菜を持って、店舗ビルの前でPRする。
「今日は高須さんのひかりれんこんが1袋450円!
 食物繊維が普通のれんこんの2倍もあるんですよ!」
高く掲げた目玉野菜が歩く人の足を止め、会話が生まれる。

以前は、野菜を買うために来店する方は5人程度だった所が、
毎日20人以上の方にご来店いただけるようになった。
3階まで行くのは面倒と断られることも多く、地道な販売促進だが、
ダメでも店を認知してもらうきっかけになる。
お土産コーナーの売上は、呼び込み前と比べて1.5倍に増えた。
レストランという枠に囚われず、伸ばせる限界まで野菜販売を広げたい。

20071228sihosan.jpg 20071228yasai.jpg

(文責:広報課 但田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 待っていて来ないなら呼び込みに行け。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. うむ、涙ぐましいどりょくじゃないでつか!
    好きだよ、根性、ど根性
    好きだよ、気合、あいきどう

    量より質か

    羽生善治と結婚した畠田理恵に嫉妬すれども
    あの人には、羽生の価値も金でしかないのだろうか?
    と危惧もする。

    大体、何で陣内なんかとノリカ結婚するんだよ
    って云われても、元々タレントだから
    女優と比べないでくれ、って菜々子に言い放たれる始末。

    結婚とは摩訶不思議也

    大沢幹雄みたいなルックスでも
    北嶋舞に振られ無残なダメ男ぶりだし。

    意外と良い子浜口は小倉優子と結婚する娑婆だ。

    年収5億の平秀信も結婚では苦労するのか。

    吉岡徳仁なんか下らん夫で有名だからカミサンに逃げられたんだろ。

    鈴木一朗みたいな弓子を持つと幸せなのかな?

    大体、日本というお人よしな国に生まれた不幸と嘘喰いを読める幸福とが並存する出鱈目な世の中で、四の五の言わず金を稼ぎ出し、庶民をテレビで観察し、薄笑いを浮かべながら、カツカレーを喰らい、性風俗と認識する結婚相談サービスなんぞで生活する丸々太った関東の女子大出身の女に餌をあげる気分で、明日も生きてるおっさんが幸せなのか?

    あぁー、俺には分からんw

  2. 要するに、思考と行動のバランスですよね
    成功する秘訣というか必要不可欠な要素です

    思考38.2%
    行動61.8%
    黄金バランス(笑)

  3. 弱者に何が出来る?
    貧乏人に何が出来る?
    金持ちになって何が出来る?

    生きるって経済活動そのものか?
    生きるって生殖活動そのものか?
    生きるって義務か権利か惰性か?

    強かな男とは、明日を牛耳る哲学を持つ!

    …作・ムカイ/タイヨウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>