高橋菜穂子、ドバイへ挑戦! ~①参加申し込みが見事合格~

世界一の金持ち国アラブ首長国連邦の首都ドバイで今年の2月に開催される「Gulfood 2008」。国立ファーム山形支社の菜穂子が、この食品展示会に出展することになった。

ことのいきさつは、高橋がたまたま目にした、雑誌・農業経営者の「100兆円オイルマネーを日本の農場に環流させよ!」というキャッチコピー。ちょうど、高橋が、菜穂子が国立に出稼ぎに来ている間(12月~2月の3ヶ月)に、何か山形へ持ち帰られる実績を作らせなければと考えていたときだった。

さっそく、高橋は菜穂子に「ドバイで山形の農産物を売って来い!」という指令を出した。一緒に料理人を連れて行き、現地の人々の舌に合うように実演調理してもよいともアドバイスをした。それを受けて菜穂子は企画書を作成して、参加申し込みを行い、見事合格。なんと、農業経営者を通して申し込んだ7社のうち、合格したのは国立ファームだけという競争率だった。

そうして、山形の農産物を東京へ売り込もうと、国立ファームへ入社した彼女が、東京どころか世界一の金持ち国に挑戦することに。売り込もうと考えているのは、山形の米、そして彼女が作るサンふじを始めとした果物だ。

手まり寿司やりんご飴のようなフルーツ飴、あんぽ柿など様々な試食品を作ってみるも、どれを持ち込めばよいかわからない・・・。現地の人がどういう味を好むのか、情報はなかなか揃わなかった。そんなとき、高橋から指示が出た。「日本にいるアラブ人を呼んで試食会を開いてみろ」と。

そして、本日(1/13)、農家の台所にアラブ人7名をご招待しての試食会が実施されることとなった。
・・・続く~②アラブ人をご招待しての試食会~ へ

(文責:広報課 中野)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 高橋菜穂子、ドバイへ挑戦! ~①参加申し込みが見事合格~
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 昔アラブの偉いお坊さんが
    恋を忘れた哀れな男に
    痺れるような香り一杯の
    琥珀色した飲み物を
    教えてあげました。

    やがて心ウキウキ
    とても不思議
    このムード
    たちまち男は若ーい女に恋をした

    コンガマラカス楽しいルンバのリズム

    ・・・情熱のアロマ

    この唄にヒントが隠されている気がしてならない

    笑)))

  2. はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    山形支部、菜穂子です。

    アラブの方が気に入ったのは、
    甘酒(ノンアルコール)と、梅ジュースでした。

  3. 直球ネタに手をつけちゃったか
    クリエイターとしてのガナリさんは万策尽きて精神的に相当追い込まれているよ

    芸術家肌の人は自分を追い込む傾向があるから、周りの人は言動や行動に注意しないと・・・・・・・・・なんてことがあるよ。

  4. 梅ジュースは、母国にはない味で、さわやかであると。
    甘酒は、あの甘ったるさがとてもよいようでした。

  5. さわやか好きで、尚且つ、甘ったるいのも好きですかぁ。

    じゃあ、ヨーグルト系ですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>