高橋菜穂子、ドバイへ挑戦! ~②アラブ人をご招待しての試食会~

1月13日(日)17時、農家の台所にアラブ人が続々と集まってきた。
チュニジア人、イラク人、イエメン人など、計7名。
国や日本在住年数はバラバラだ。

今回の試食会のポイントは、アラブの人々の味覚を知ること。

事前に日本アラブ協会を訪問したり、ドバイへ行ったことがある人へヒアリングをし、現地の食事情をある程度までは把握した。
その結果、立てた仮説は・・・
1.日本の果物はウケる。
2.日本の米はウケない。⇒食べ方の工夫が必要。
3.日本の野菜はウケない。
4.ヘルシー路線、豆・豆腐はウケる。

そこで、今回の試食の大きなテーマは
「米・モチが受け入れられる食べ方」と「野菜を持っていくかどうか」だ。

まず出されたのは、スタンダードなお粥。塩味はあまり好まれないようだ。
自由に味を変えてもらえるように、トッピングも用意していた。
醤油味がよい、砂糖を入れて甘くすると美味しいなど、様々な感想が飛び交う。
続いてミルク粥。冷たいもの(ライスプリン)は食べるが、温かいものはイマイチの表情。
その後も人参粥や雑炊、ジンジャーライス、赤飯やおこわのおにぎり、五平餅、おかき、米粉のナンなど、米やもち米を様々な方法で試食していただく。
もちの食感は全く好まれない様子。
しかし、おこわのおにぎりは好きという意見もある。
味覚とはあいまいなものだ。

どういう感想を引き出せばいいのか四苦八苦する菜穂子を見て、
高橋は指示をした。
「ひとつひとつ結論を出していって」。
これはアリなのかナシなのか、少人数の意見とはいえ、
結論を出していかないと次へは進めない。

そこで菜穂子は、ヒアリング方法を変えた。
食べた後にまず、
・美味しくて、是非友達に紹介したいもの=VERY GOOD
・まぁ美味しい=GOOD
・よくない=BAD
のいずれかのジャッジをもらうことにした。
方法を変えると、想像以上に進めやすくなった。

途中、農家の台所の名物「井戸サラダバー」へご案内。
日本でも普段見かけない野菜がたくさん並ぶ光景に大盛り上がり。
日本人には大人気のえのきは苦手、一方で大根が評価が高かった。

その後も、そばやうどん、甘酒、ジュースなど様々な試食が続く。
その中で反応があったのは、添え物として入っていた柚子。香りがよく好きだという。
そして、梅ジュースも「コレは何?」と興味深々。
ちらし寿司、甘酒、天ぷらも好評だ。

意外と人気がなかったのが果物。
菜穂子が作ったサンふじをはじめ、苺など数種を用意していた。
甘くて美味しいという感想。
けれど、食後に数種類のフルーツをかぶりつく習慣の彼らにとって、
日本の果物は甘すぎるのだという。

さぁ、仮説とは違う結果がでてきた。
これを受け、ドバイへ何を売り込むのか、
菜穂子自身が作ったサンふじは持っていかないのか・・・、来週には決定する!

p1130504.JPG

p1130500.JPG

※4月か5月放送予定のテレビ朝日「サンデープロジェクト」の撮影も行われた。

続く ~③持って行くのは大根だ~ へ

(文責:広報課 中野)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 高橋菜穂子、ドバイへ挑戦! ~②アラブ人をご招待しての試食会~
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 私の中にあるのは

    『セピア』色の青春群像と

    『黄金』色の壮年時代の葛藤と

    『真っ赤な』色のこれからの闘いと がある。

    私は、云わば『自身の塊』であり『自信』と『恐怖』と『自己矛盾』と『能動的引き篭もり奨励者』であり

    時代の最先端を走る一筋の閃光である。

    それは、明日滅びるかもしれない世界の中でたった一つの真実の欠片に心が泣いてしまった魂の中で、起きた現代の奇跡かもしれない。

  2. かれこれ、ブログにコメントを継続する内に、私のコメント力は全国区の中でも『頭2つほど』抜け出す現状に至った為、そろそろ違う形で私のコメント力を活かそうと考えております。

    短くも長生きに亘り、私の修行をサポートしていただき有難う御座いました。

    ガナリ師さまへ

  3. なほこさま

    ドバイへの予選通過、おめでとう。
    しかし、海外に売り出すには様々なハードルがあるのですね。
    国によって味覚に差があり、大変ですね。

    そういえば、中国に日本産のワインを売り出そうとした時に、高級なワインはあまり好まれなくて、安い「ぶどう酒」的なものが好まれたという話を聞いたことがあります。

    好まれなくても「高級ワイン」を売り出すか、こちら側にメリットがあるかどうか分からないけれど売れるからという理由で「安いぶどう酒」を売り出すか、高品質なものの良さを分かってもらうようにするか・・・。
    なかなか難しいですよね。

    山形らしさを損なわないことを願います。
    大変だと思うけど、頑張って下さい。

  4. 励ましのお言葉、ありとうございます。

    中国やタイなどを越えて、いきなりアラブ…
    いかにも、国立ファームっぽいですよね ^^;

    味覚の差はあれど、たくさんの人種の方が集まる見本市です。
    訪れる人が、何を求めているのか、何を好むのか、
    考えながら、ひとりひとり対応したいと思います。

    山形っぽさを随所にちりばめながら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>