中食チームの試食会。一気に勢いにのるか!?

まだコンセプトも決まっていない中食チームだが、
急遽、今週月曜日、店舗予定地で試食会が行われた。

ことの発端は、先週火曜日。
中食チームが店のコンセプトや具体案を高橋にプレゼンしたところ、大却下。
そればかりか、プロジェクト解散という最悪の事態になった。
リーダーは八百屋のキッチン部分担当の田口に交代。
引き継ぎの間、料理人を遊ばせておくわけにはいかないと、
高橋から料理人たちに対して、「デパ地下に出すイメージでサラダを20品試食させよ」というお題が出たのだ。

料理人が先に走り出し、2日後リーダー田口が加わった。
新体制で迎えた試食会。活用できていなかった店舗予定地を掃除し、実際のお店のイメージで、モニターとなる社内の女性陣と羽衣町の専業主婦3名をご招待した。

この日用意したものは、27品。
「サラダに見えないサラダ」をテーマに作ったという。
サラダという枠を作ってしまうと変化が作れない。
概念にとらわれないために考えたテーマだ。

色鮮やかな商品が並ぶ。ガラス張りの店舗のため、外からよく見える。
すると、店の前を通る方々から、何の店がオープンしたの?と次々と声をかけられた。
ならば・・・と、中へご案内し、試食していただくことにした。予想外の嬉しい展開だ。

nakashoku2.jpg  nakashoku3.jpg

主婦の評判がよかったものを紹介しよう。
「八百屋のおいなり」・・・中にはお米ではなく、コールスローサラダが入っている。
「人参とかぼちゃのベジシュー」・・・砂糖を使っていないスイーツ。
などなど、評価を得た15品が持ちネタ(料理)として残ることになった。

実は試食会に高橋も来てはいたのだが、店の外で見ているだけで、
ほとんど口出しすることはなかった。
店に到着したときの第一印象のキレイさ、そして彼らの意気込みが伝わってきたためだ。演出の部分がチェックできれば、味の部分は実際のお客様になる主婦の意見にまかせたほうがよいと考えていたようだ。

nakashoku1.jpg

リーダーの田口に聞いてみた。
Q「高橋さんから次のお題は出ましたか?」
田口:「いえ、何も。最初に言われた“黒字化”のみですね」。

中食1号店がどんなお店になるのか。
それによって、デパ地下での展開を狙うのか、それとも別の戦法で多店舗展開を狙うのか、大きく変わってくる。1号店の役割は大きい。

(文責:広報課 中野)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中食チームの試食会。一気に勢いにのるか!?
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. > 「サラダに見えないサラダ」をテーマに作ったという。

    ・・ふと、青森県の事を思い出しました。
    ここは野菜生産量日本一、しかも一番売れてる お惣菜が、「サラダ」!?

    ・・間借りでなく 店舗販売、しかも中食で黒字化を狙う事に・・
    ・・そう言えば、料理の鉄人の道葉六三郎氏は、惣菜屋で撤退しました。
    ・・ワタミフーズも同様・・

    ・・でも廃棄ロスは減少か・・

    ではでは~\(^o^)/

  2. 事情はともかく、試食会の盛況おめでとうございます。

    下の写真からおいしさが伝わってきます。
    サラダは彩りの「色」と様々な「食感」を楽しむものではないでしょうか。
    野菜もおもしろい品種が次々と開発されてます。

    がなり社長さんは、試食のモニターに女性の声ということで、本質をきちんと捉えてますね。さすが、です!

    現在の行政主催の国、都道府県、市町村で行われる毎年の「新米の試食」
    や「新顔野菜」「新顔果物」などのお披露目試食会では年配の肩書きつきお役人や、年配の関係団体のトップなどがほとんどを占めてます。そのへんにも「消費者目線」が配慮されてないことが大きな問題と、いつも感じてたりして!?

  3. 田口氏がリーダだ!
    やるやるとは聞いておったが確かにやるな。

    銭じゃ買えない邂逅を待ち望んで人は来るんじゃないかな。

    G也

  4.  私は、人の反対を行く『逆張り』の男だ。

    信念と云ってもいいが『生きる術(すべ)』だとも云える。

    こういう生き方は、生き辛さを常に感じる羽目になるが、得るものはレバレッジが掛かった状態なので、計り知れない。

    私は、精一杯生きて魂を満足させてやる使命感に囚われた人間なので、こういう生き方を生涯貫く。

    しかし、一旦『貫く』と決断した為、生きていく上での『迷い』は殆んど無い。

    それが『迎太陽』という生き方だ。

    -了-

  5. 次のショップでは
    drive through
    を実現させて下さい。
    店の外で見ている高橋さんを見てて
    そんな事を思いました。
    高橋さんは、そこで何を見ていたのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>