高橋菜穂子、ドバイへ挑戦!~④帰国後の第一報~

アラブ首長国連邦のドバイで開催される「Gulfood2008」出展のため、
2月20日に日本を飛び立った菜穂子たち。
先日29日に無事帰国し、その結果が報告された。

現地到着後、Gulfood2008の前にも3ヶ所でのプレゼンがあり、
いずれも大成功し、好スタートを切った。
とくに、神田うの夫妻が新婚旅行で宿泊したことで話題になった7つ星ホテルでは、
同行した料理人の高橋雅人が、柚子を切ったり、わさびおろしのデモンストレーションをし、盛り上がりをみせた。

nanatuboshi.jpg pre.jpg

そして、2月24日からはいよいよ本番である「Gulfood2008」が開幕。
大根のディスプレイが注目を集め、
4日間を通じて数多くのエージェントや小売業者とコンタクトを取ることができた。
連絡先を交換したのは、マリオットホテル総料理長やスーパーマーケット担当者、
輸出エージェントなど、全部で約50社。
遠からずこのうちの何社とは実際に取引することになるはずだ。

gulfood.jpg

そのほか、アルメニア人の投資家からは、料理人・雅人のスカウト話まであった。
輪違い大根や飾り切りなどを行う雅人を見て、
「7つ星ホテルで日本食レストランを開こうと考えているが、
20万ドルで一緒にやらないか?」というのだ。
和食料理人の繊細な包丁さばきは世界的な価値がある。

kazari.jpg

一方、持ち込んだ商材に関しての意見や感想はざっと下記のようなもの。

・大根→臭みがなくて美味しい。カラフル。大きい。甘さに驚き(ビタミン緑大根など)。
てんぷらが美味しい(黒長大根・黒丸大根)。
・シルバーベル→大きくて高級感がある。味が良い。
・バンペイユ→大きさが目を引く(写真を撮る人多数)。この大きさは遺伝子組み換え植物か?という質問多数。
・だだちゃまめ→買いたいというインドの業者あり。
・甘酒→美味しいと評判に。
・そうめんかぼちゃのコンポート→どんな材料なのか興味を引く。
・干し柿→味は高評価。

今回の海外遠征で、珍しくてカラフルな日本の野菜は、
世界にも十分通用するという手ごたえをつかんだ。

さっそく高橋を交えての戦略会議を開催し、今後の方向性を練られることになる。

→高橋がなりのこのドバイプロジェクトの見方(連載「アグリの猫」)へ

(文責:広報課 中野)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 高橋菜穂子、ドバイへ挑戦!~④帰国後の第一報~
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. がなりさん、応援してます。
    これからが楽しみですね。
    2月に行われた芸小ホールでの講演会、非常に感動しました。
    国立の大勢の市民にも聞いてもらいたいですね。
    講演を是非お願いします。
    また山形の菜穂子さん、頑張ってください。
    僕も山形出身で山形の食材をいつも自慢してます。
    ドバイでの成功おめでとう。

  2. kiyojiさま、コメントありがとうございます!

    山形出身とのこと、なんだか嬉しいです ^^;
    山形の食材ほんとに自慢です。
    お米や果物はもちろん、お野菜もとても個性あるものが多いんですよね~。

    中国や台湾への輸出が盛り上がっている世の流れですが、
    ここで、国立ファームは、あえてドバイへ!
    世界に通用する農業でないと、自給率は上がりません!
    輸出開始まで、七転八倒、がんばります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>