連載がもうひとつ始まる。

高橋が毎月連載を書かせていただいている農業経営者。

その雑誌に、4月1日発売号からもうひとつの連載が始まる。

sany0350.JPG

1年間、国立ファームNEWSとして月々の動きを伝えたり、
読者に呼びかけを行ったりするページにしたいと考えている。

ご覧になりたい方は、是非、農業経営者をご購入ください!

今月はドバイツアーやFOODEXの記事など、いたるところで国立ファームが取り上げられています。

(文責:広報課 中野)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 連載がもうひとつ始まる。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 農家なら、ペンやキーボードいじらず、スコップ持て!

    って時代は終わったのかな、

    俺は古い男だな・笑

    恐らく、72歳位の古さだ。

    つまり、俺は2044年72歳に144歳の感覚で生きてる

    ま、分からんやろな。。。

  2. 農家なら、ペンやキーボードいじらず、スコップ持て!

    って時代は終わったのかな、

    俺は古い男だな・笑

    恐らく、72歳位の古さだ。

    つまり、俺は2044年72歳に144歳の感覚で生きてる

    ま、分からんやろな。。。

  3. 久しぶりで・・・迎太陽さん・・・随分頑張って投稿しちょりますばいね。

    ばすぷすんは、宮崎県へ移住しますた。

    600坪の真っ平らな土地と30坪の工場付きで、固定資産税年間 18000円。
    都会で、工場の家賃を毎月10万円も20万円も払うのが、馬鹿馬鹿しいですので。

    本当のド田舎にて、産直コーナーに行くと、見た事もない程デカイ大根が、50円とかなんです。元気すぎて、都会のスーパーマーケットの棚に収まらないのですね。たぶん。

    それでね、ぼうぼう過ぎるネギとか、筋肉隆々過ぎるサツマイモとか、元気過ぎる奴らを、薄く水を張ったフライパンに入れて、この土地のおばぁちゃんが仕込んだ味噌を乗っけて煮るだけでね。
    極上のスープができるのですよ。
    50円の野菜を削って作った、極上のスープです。

    僕は、今まで「うまい」とは、味の調整で作られる感覚だと勘違いしていますた。
    味ではない「うまい」と言う感覚が存在するのですね。
    それを知ったとたん、僕は如何に人や社会が作った狭い枠組みのマニュアル的世界観に埋もれていたかと言う事に鮮やかに気がつきました。

    味覚で本当に調整できれば、説明もしやすいのですよ。
    人が人へ言葉で伝える事を尊重し過ぎたこの社会では、余りに言葉で説明しにくいモノが、排除されてしまったのか。
    そんな事をね。

    植えた栗の芽が、噴出するかのように出てきましたよ。
    蜜柑の花の蕾がね、今か今かと、運動会でスタートラインに立つ児童達の様に、握りしめられた拳のように。

    ココには、悩みや苦しみと言うモノが感じられない。
    ただ、喜びと言うモノは、確かにあるように感じます。

    春となり、なんと嬉しい事でありましょうや。

  4. お久しぶりですね!
    バスぷすんさん!!

    宮崎といえば、そのまんま東さんが県知事の印象が強いですなぁ。
    コンビニには、宮崎県産がよく並んでたりします(^^)

    ・・・運動会でスタートラインに立つ児童達の握り締められた拳・・・

    この表現にドギマギしました!!

    ・・・人が人へ言葉で伝える事を尊重し過ぎたこの社会では、余りに言葉で説明しにくいモノが、排除されてしまったのか・・・

    まさに、その通りだと思います。
    でも、詩人は言葉に出来ないモノをコトバに置き換える挑戦を諦めてはいません。
    人間は、素敵な動物です\(^v^)/

                              迎 太陽

  5. お久しぶりですね!
    バスぷすんさん!!

    宮崎といえば、そのまんま東さんが県知事の印象が強いですなぁ。
    コンビニには、宮崎県産がよく並んでたりします(^^)

    ・・・運動会でスタートラインに立つ児童達の握り締められた拳・・・

    この表現にドギマギしました!!

    ・・・人が人へ言葉で伝える事を尊重し過ぎたこの社会では、余りに言葉で説明しにくいモノが、排除されてしまったのか・・・

    まさに、その通りだと思います。
    でも、詩人は言葉に出来ないモノをコトバに置き換える挑戦を諦めてはいません。
    人間は、素敵な動物です\(^v^)/

                              迎 太陽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>