夏のカラダに、塩やさい。暑いこの季節だからこそ食べてほしい野菜「ソルトリーフ」がついに史上初の快挙!夏の栽培に成功しました。

●ソルトリーフってなに??
「農家の台所」各店でお客様からの絶大なる人気を誇る「ソルトリーフ」は、ほんのり塩味のするサラダ野菜。ぷちっと弾ける食感がたまらない、南アフリカ原産の最高級アイスプラントです。


◇もっと詳しく知りたい方はこちら◇

●ソルトリーフが夏だからこそ食べてほしい、3つの理由。

①メタボ予防で体すっきり!
薄着になるこの季節、からだについている余分な体脂肪が気になっていませんか?そんな方に朗報。ソルトリーフはメタボリックシンドロームの予防に効果的な栄養素「ミオイノシトール」「ピニトール」を含むと言われています!特に肝臓の中性脂肪の増加を抑制する成分「ミオイノシトール」は、含まれる野菜がほとんどない貴重な成分。ソルトリーフを食べてメタボ予防で体スッキリ!

②ほてった体をクールダウン!
ソルトリーフに含まれる「カリウム」には利尿作用があり、水分とともに体内にたまった余分な熱を体外に放出してくれ、ほてった体をクールダウンさせてくれます。
冷房、冷たい飲み物・食べ物に頼る前に、野菜の知恵を借りて暑い夏を乗り切りましょう!

③塩分、ミネラルの補給ができます!
よく汗をかくこの季節、塩分やミネラルが不足すると夏バテや熱中症の原因になってしまいます。そこでソルトリーフ。汗とともに体外に出てしまう塩分とミネラルを同時に摂取できる、夏にもってこいの野菜なんです!

●ものづくりの強い思いが、不可能といわれた夏の栽培を可能にしました。

ソルトリーフは実は夏に栽培が難しいってご存知ですか?南アフリカ原産ということで、なんとなーく暑さに強そうなイメージがあるソルトリーフですが実は高温に弱い植物。夏の栽培は不可能とまで言われていました。
しかし上記の通り、ソルトリーフは夏に食べてほしい野菜。ソルトリーフ農場代表の金井さんは涼やかなイメージも栄養素的にも夏のサラダにぴったりのソルトリーフを、何とか夏に栽培できないだろうかと、栽培を始めた当初からあきらめずに挑戦してきました。
北海道や東北での栽培も試みましたが、あえなく失敗。
3 年目にようやく長野県での夏の試験栽培に80%成功し、夏の本格出荷を予定していた翌年は惨敗。
「残り20% の要因を甘く考えすぎていた」と振り返ります。

この失敗から、夏栽培に必要な要素は何かを見つめなおし、5 年目の今年は100%の体制で臨み、見事成功!
こういった生産側のアツい想いから、今年から夏もソルトリーフを食べられるようになりました。

●「農家の台所」各店で食べられます!

「農家の台所」新宿3丁目店、銀座店、「農家の台所カレー専門店」のサラダバー、「ごはんや農家の台所」立川高島屋店のパフェサラダにて提供中です。もちろん、帰りに買って帰っていただくこともできます!
◇各店情報はコチラ◇

★期間限定メニューもあります★
「ごはんや農家の台所」立川高島屋店にて、ソルトリーフをつかった今しか食べられないメニューを提供中です。ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ!

○え?ソルトリーフが生えてきた!?ソルトリーフの豆腐乗せ
(+100円で御膳についている豆腐を変更できます!)
豆腐の上に刻んだソルトリーフとオクラ、海苔と塩昆布をごま油で香りよく和えました。
豆腐にソルトリーフのほのかな塩味がよ~く合います。

○「ごはんや農家の台所」流 塩スイーツ!ソルトリーフフローズンヨーグルト 180円
ソルトリーフの塩味とヨーグルトの酸味が相乗効果を生んでいます!
見た目もお味も爽やかな、食後にぴったりデザートです。

●「農家の台所 Web Shop」でも大好評販売中!

 

★飲食店・小売店のお客様へ

ソルトリーフの卸はコチラで承っております。
お電話またはお問合せフォームよりお問合せください。

いつものサラダにソルトリーフを添えるだけで、ぐっと華やかになります。

●配信元:国立ファーム

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 夏のカラダに、塩やさい。暑いこの季節だからこそ食べてほしい野菜「ソルトリーフ」がついに史上初の快挙!夏の栽培に成功しました。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>