売上げ絶好調です!伊勢丹新宿店での1坪売場。

6月3日(火)から始まった伊勢丹新宿店での国立ファームの野菜販売。
地下1階青果売場の中の1坪売場で掲げた目標は日販40万円だ。

初日から朝採り茎付きトウモロコシを中心に、売れ行きは絶好調。
コンスタントに目標を達成し、週末には日販65万円を超えた。
リピーターさんによる宅配ボックス注文の増加が売上げを伸ばした要因だ。
過去の売場実績からみて、これは記録的な数字だという。

売上げは好調。
だが、取引上でいえば所詮は野菜の卸し業者のため、
利益は少なく、今回もまたまた赤字だ!

それでも、いい商品・いい売場を作りたくて、
朝採りとうもろこし用に毎朝産地(千葉や埼玉)からチャーター便を出し、
売場には野菜の語り部として社員を3~4人派遣している。

これだけ赤字続きなのだから、そろそろ利益を・・・ともささやかれるなか、
まだまだ目先の利益は追いかけませんっ。

(文責:広報課 中野)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 売上げ絶好調です!伊勢丹新宿店での1坪売場。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. チャーター便・・・
    それじゃ環境破壊まっしぐら。
    (今の農業、ある種の環境破壊だが。)

    市場拡大、既存の市場便を操作できるまで影響力増大、それまで赤字拡大(悲)

    本当に必要なら、配送なんか考える必要ない!

    必要な人が取りに来る。

  2. チャーター便・・・
    それじゃ環境破壊まっしぐら。
    (今の農業、ある種の環境破壊だが。)

    市場拡大、既存の市場便を操作できるまで影響力増大、それまで赤字拡大(悲)

    本当に必要なら、配送なんか考える必要ない!

    必要な人が取りに来る。

  3. good jobさん、コメントありがとうございます。

    ちょっと言わせてください。

    今の農業に欠けている努力が沢山あるんですが、
    その一つが、需要を喚起する努力だと思います。

    売れるから待っているではなく、
    売れるからもっと売れる努力する。

    だと思います。
    そうすれば人を雇えるようになる、
    先行投資が出来るようになる。
    そして、もっと売れるための環境が整う。

    僕は、農業を元気な産業にしたいので
    そんな努力が出来るようになるための準備しています。

                              高橋がなり

  4. 理由の後付けと取りますか?

    「売れるから待っているのでなく、売れるからもっと売れる努力をする。」
    その通りです。
    だからコメントしたのです。

    「チャーター便・・・」
    今は必要な手段でしょう。
    「必要な人が取りに来る。」
    そのシステム構築までの努力と、維持するための絶え間ない努力。
    “ 維持 ”するためには、常に変わり続けなければけなければならない。
    待ってるだけじゃないことは知っている。

    「農業を元気な産業にしたい」
    同感です。が、よく聞くフレーズですね。
    私もそのために活動し続けています。

    だから、なぜ・・・
    なぜ高橋さんからのコメントなのか?
    高橋さん本人なら尚更、それが悲しい。

  5. 理由の後付けと取りますか?

    「売れるから待っているのでなく、売れるからもっと売れる努力をする。」
    その通りです。
    だからコメントしたのです。

    「チャーター便・・・」
    今は必要な手段でしょう。
    「必要な人が取りに来る。」
    そのシステム構築までの努力と、維持するための絶え間ない努力。
    “ 維持 ”するためには、常に変わり続けなければけなければならない。
    待ってるだけじゃないことは知っている。

    「農業を元気な産業にしたい」
    同感です。が、よく聞くフレーズですね。
    私もそのために活動し続けています。

    だから、なぜ・・・
    なぜ高橋さんからのコメントなのか?
    高橋さん本人なら尚更、それが悲しい。

  6. もうじき10億がなくなるっていうのにもかかわらず、赤字前提のプロモーション営業+伊勢丹新宿店の1坪+ガナリさん人脈による付き合い購入+社員3、4人を常時配置=65万という売上げだったのに、『売上げは好調だけど今回もまたまた赤字』と書けちゃう神経が分かりません。

    赤字前提のプロモーション営業であれば売上げはどうにでもなります。

    社員にとって10億は他人のお金であり返済義務がない投資資金だからしょうがないのかもしれませんが、赤字に対する危機感があまりにも無さ過ぎる。

    返済義務のない10億を返済義務のある借金だと思って考えてみてください。
    今の国立ファームの状況を踏まえて10億を返済できると思いますか?
    これで今の国立ファームがどれだけ駄目な会社なのかを実感できたのではないですか?

    このままだと失職しますよ。

  7. それと『所詮は野菜の卸し業者のため、利益は少なく、今回もまたまた赤字だ!』と書かれていますが、大きな利益額や利益率を出している卸業者は絶対に存在するはずですので、利益を出せない国立ファームと既存の卸業者を同列に語るのは止めたほうがいい。

    さらに『所詮は』があることで既存の卸業者を上から見ているように聞こえてきますので、利益を出していない今の段階で偉そうに聞こえるような発言は絶対にやめるべき。

    そんなことをしても敵を増やすだけ。

    そもそも卸し業者の利益額や率が悪いというのであれば、泣き言を言う前に利益を作れる仕組みを自分達で考えて実行すれば良いだけの話なのでは?

    ガナリさんが10億もの資金を個人で用意していたのだから、思う存分チャレンジするチャンスがあったと思いますよ。

    他人任せの公務員が持つような歯車思考では、創業期の会社では歯車にすらなれないと思いますので、意識を変えてそろそろ学園祭のノリから卒業し、次に繋がるような高度な内容の失敗をして行きましょう。

  8. P氏

    >利益を出せない国立ファームと既存の卸業者を同列に考えるのはやめたほうがいい。

    その通り!!!

    何故なら、彼らはそれを解っていて敢えてやっているから。

    「敵を増やすだけ。」これも計算ずく?
    相手が敵と考えても、彼らは敵だと認識しない。

    すばらしい。

  9. P氏

    >利益を出せない国立ファームと既存の卸業者を同列に考えるのはやめたほうがいい。

    その通り!!!

    何故なら、彼らはそれを解っていて敢えてやっているから。

    「敵を増やすだけ。」これも計算ずく?
    相手が敵と考えても、彼らは敵だと認識しない。

    すばらしい。

  10. レールから外れる思考が身に付いているとともに根性がありそうな豊田さんと但田さんと井坂さんと、八百屋で色々模索している田口さんの4人で何かをやったら化学反応が起きるような気がします。

    その4人に3000万円くらいの予算と半年の期間を与えたらガナリさんもワクワクできるのでは?

  11. 目標がぶれてないなら危機感もつ必要はないが、
    自分達以外の外部環境をよく考えた方がいい。

    需要を喚起する、顧客を刺激してあらたな需要をうみだすってのは、
    国立ファームだけの特権じゃない。
    先輩農家を農業会で抜いてやろうっていうんだから、
    当たり前の事やってるだけじゃ到底成しえない。

    頭を使うのはがなりさんだけだって状況じゃだめだ。
    ない頭絞れ、野菜のこと、野菜に接する関係者のことを熟考しよう。
    目先の利益を追わずに将来の利益を追う・・・
    受け身じゃダメだぜ、社員全員が将来の利益を生むための策を弄せ。
    社員全員がそんな策を弄せるとはがなりさんも思ってない、
    数十の策があればヒットはかならずある、策をだせなかったやつは勝ちパターンを全力で支えろ。
    支えるやつも受け身じゃダメだぜ、頭を使って動ける踏み台になれ。
    一番の投資は農場じゃなくて人なんだよ、お前ら結果出せ。

  12. 皆さん、盛り上げって頂きましてありがとうございます。

    僕は、農業改革を目指しているんです。
    コツコツ稼ぎに来たんじゃありません。

    生意気な言い方ですが、親の資産じゃなくて
    自分で稼いだお金で無借金経営の赤字会社を意図的に経営しています。

    農業改革が出来る会社があるとしたら、いくら位の年商の会社でしょう?
    僕は最低でも1000億円は必要だと考えています。

    1%の経常利益で10億円です。
    だからまだまだ目先の利益は追いません。

    明日も人材確保のために東京ビックサイトのイベントに
    求人活動のために行ってきます。

    これからもどんどんコメント頂けると幸いです。
    時間のあるかぎり、返答したくなるご意見には
    本音で意見させていただきます。

                               高橋がなり

  13. 外野からすると年商5兆のイオンが農業参入とかいろいろ外部環境がうねっているのに従業員から覇気が感じられず気になるとこなんですよ。
    流通大手が農業生産法人に出資しだしたら戦局もまた変わってしまうでしょう。
    がなりさんは私も尊敬する経営者ですしいろいろ考えているでしょうけど、
    農業改革は一騎当千の将だけじゃ成し得ないでしょう。

    過去のたられば、今のたられば、将来のたられば、
    これらの使い分け、これらを基礎として各局面で何をしなければならないかをわかっている人材がいないと勝てませんよ。
    失敗を活かすための過去のたらればではなく、負の力をもったたらればなら誰でも出来ますけどね。
    今のたらればは頭を使えば凡才でもうまくつかいこなせます。
    将来のは経営感覚、リスク管理感覚、勝負感覚がないとだめでしょうね。

    5年後には自分以外の事にも時間割きやすくなるので、
    その時に低空飛行だったら助けます。
    遊休農地改革に乗り出すなり私にも出来ることはたくさんありますので。

    偉そうなこといってるけど、過去の失敗者で今は単なる雇われ人間です。
    キャベツ被った広告があと2週間遅くでてれば御社に応募したかったです(たとえ採用されても年収3分の1くらいにされただろうけど。)。

    負け犬勤労学生改め乾坤一擲
    (一応学生だけど実質学生じゃないので改めました)

  14. 岐阜県高山市で居酒屋を営んでます、竹奴と申します。
    御社のソルトリーフを使わせて頂いてます。
    大変反響のある商品にビックリしております。
    女性の方の評判がいいので、これからも使わせて頂きます。
    当店では、カルパッチョ、天ぷら、おひたし、寿司など、料理をしています。

    この他、珍しい商品があれば是非、紹介して下さい。

  15. 人材を探しているのならば、私から買いませんか?
    優秀な人材を半年継続契約で紹介料一人50万円で如何でしょうか?
    若しくは、時給2,700円で派遣しましょう。

  16. 別に、高橋氏自身の金でやってんだから、
    他人が揶揄する事じゃないと思うのですが。。。
    何か実損を与えられたかのごとく書くのは論理的におかしいです。
    文句が有るなら、商品を買わない。
    気に入れば、商品を買う。
    それだけの事ですよ。商売ってのは。
    これだけの元手がかかった商品で、赤字の値段で手に入るという事は、
    消費者からすれば嬉しい事と言えます。

  17. アクション@趣味人氏は論理的な方とお見受けしましたが、
    何か実損受けたんでしょうか。

    消費者にとっては売主が赤字か黒字かは全く関係ないんですよ。
    消費者の満足はあくまで商品に対する主観的価値です。

    国立ファームの商品に対する消費者の主観的価値を高めるために語り部を派遣し、
    潜在的消費者に対する客観的価値を高めるために目先の利益を追わずにブランド強化に注力する、
    って感じの戦略に見えますね。
    それ自体はいい戦略だけど、売り場をもみた感じまだまだ工夫の余地はありましたね。
    (思い先行で動いてしまう非論理的な私はこっそりと論点を摩り替えてます。)

    関係ない人間がこれだけ注目してるってことですよ。
    社会人経験の浅いスタッフにはこういう声を見せるのは当事者意識を養ううえで効果的だと思うよ。

    なんとなく指摘の論点がづれてるところをみると経験の浅い内部者のコメントかな。
    部外者視点で書かれているなら「商売ってのは」じゃなくて「消費者ってのは」と言うだろうしね。
    (筆が乱れただけでアクションさんが外の人だったらごめんなさい。)

  18. 援者は多い。

    外部から変えることも出来る。

    スイッチの入れ方で、流れは生まれる。

  19. 援者は多い。

    外部から変えることも出来る。

    スイッチの入れ方で、流れは生まれる。

  20. 私のような低い論理レベルの人間に、
    レスしていただき、どうもです。(笑)

     赤字の原因は、説明するまでもないですが、
    毎月の売上や利益が、人件費などの固定費や初期投資を吸収し、
    それ以上に利益が出せていないからと思われます。

     おそらく氏は、生産、流通、販売、広報など、
    様々な各方面を同時展開し、相乗効果を最大に引き上げるように、
    組織・人作りをし、商品を開発・販売していくでしょう。

     今回の売り場作りから販売に関しても、
    金銭と手間と時間をかけ過ぎて、
    赤字とならないような配慮が見られるようです。

     もっとも消費者からすれば、機能性、利便性、価格、満足感などで、
    気に入れば買う。
    気に入らなければ買わない。
    それだけの事です。
    お分かりいただけましたでしょうか ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>