【二子玉川】9/2 有機農業の草分け斉藤完一さんが来店、 夏が旬の葉野菜「ヨウサイ」を販売

9月2日(日)、有機農業の草分け的存在斉藤完一さんが、
夏が旬の葉野菜「ヨウサイ」、生食かぼちゃ「コリンキー
下処理いらずのじゃがいも「小粒キタアカリ」などの野菜を販売しに、
「農家の台所」二子玉川ライズ東急ストア農家の台所コーナーへやってきます!

斉藤完一さんは、20年以上も前から、健全な土作りをすることによって、
化学肥料や農薬に頼らない農業を実践し続けている方。
畑はなんと、1.5mもの棒がすーっと挿せてしまうほどフカフカなんです!
これは、土中の微生物が活発に働き、土の中にも空気が十分に含まれているから。
根っこの成長には空気が必要なので、根がしっかりと伸び、野菜がたくましく育つのです。
その土作りには、有機米の糠や落ち葉、鶏糞などを
独自の割合で混ぜ合わせ、熟成させた堆肥を使っています。

 


「ヨウサイ」
空芯菜、エンサイなどの名前でも呼ばれる葉野菜。
完一さん曰く、「日本では夏もほうれん草や小松菜が出回っているけど、
そんな軟弱野菜をわざわざ食べないで、夏が旬の葉野菜・ヨウサイを食べなさい!」とのコト。
夏でも元気に育つヨウサイは、人間にとっても夏に必要な栄養が豊富なんです。

ヨウサイは、効率を求めハウス栽培で短期間のうちに収穫することもできますが、
完一さんは、露地栽培でじっくり時間をかけて育てています。
そのため、硝酸態窒素(野菜のエグみにつながる成分)が残りにく、クセがほとんどありません
また、栄養価も高まるそうです。

 

キタアカリ

「キタアカリ」
甘みがありホクホク食感、蒸かし料理やフライにぴったりなじゃがいも。
一般のじゃがいもと比べ、ビタミンCとカロテンが豊富な品種。
今回販売されるのは、普段は市場流通しない、規格外サイズの小粒キタアカリ
まるごと食べられて下処理いらずで、そのまま素揚げがオススメ。
完一さんは農薬や化学肥料を使わずに栽培しているので、
皮まで安心して食べられちゃいます。

 


「コリンキー」
ポリポリっと食感よく、皮まで生で食べられるカボチャ
スティックサラダやピクルスがオススメです。

 

完一さんは、とっても話し好きな農家さん。
農業食育から、かわいい孫大好きなお酒の話しまで、熱く語りたくてウズウズしてます。
お話しするだけでも、売場に遊びに来てみてくださいね!

 

「農家の台所」二子玉川ライズ東急ストア内農家の台所コーナーへ
今週末も是非お越しください。

スタッフ一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

******************************************************
■「農家の台所」二子玉川ライズ東急ストア内農家の台所コーナー
【住所】東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズB1
【最寄駅】東急田園都市線 二子玉川駅
【twitter】kfnikotama
【HP】http://www.noukanodaidokoro.com/v-shop/futago/
******************************************************
●配信元:国立ファーム

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【二子玉川】9/2	有機農業の草分け斉藤完一さんが来店、 夏が旬の葉野菜「ヨウサイ」を販売
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed