国立ファームの貧乏ブースに人が殺到!お金をかけなくても人は集められる。

6月14日土曜日、東京ビックサイトで行われた、リクルート主催の「就・転・職フェスティバル」に国立ファームのブースを出した。「社長と直接、話ができる」という企画のもと、高橋がブースに自ら立ち、来場者に国立ファームがやろうとしていることから、人生論に至るまで熱く語った。

0611-212-katari.jpg←胸には用意された“社長!”バッチが光る。

イベント来場者は、過去最高の3500名以上。
今回、高橋からは、「会社は赤字なんだから、イベントにお金をかけるな。質素にしろ。」と言われていた。ブースは2.5×2.5㎡の最小サイズを選び、会社案内は白黒コピー。他の会社が大きなパネルや映像を映し出す機械を準備する中、国立ファームは、「高橋がなりを肌で感じてください。」と書かれた紙をブースに貼っただけの質素なものとなった。
しかし、始まってみると、高橋の話に引きつけられ、ブースには常時50人くらいの人が集まり、何事かと思わせるほど、人が群がる異様な光景となった。立ち聞き状態でも、ブースに人が入りきらず、通路にまで人が溢れていたため、急遽、ブース周りに鎖がはられた。
お金をかけなくても、一人の人間の魅力だけで、人を集められることが証明された。

0611-208-sattou.jpg

午後からは、特設会場で、高橋の公演が行われた。
テーマは「挑戦すること」。ベンチャー企業は挑戦の連続。挑戦することの楽しさ、そしてベンチャー企業で働くことの面白さを語った。
以下に一部を抜粋する。

0611-200-ibento.jpg

挑戦には、失敗のリスクが伴う。そこで、高橋は、「最悪の事態を想定し、それを受け入れられると失敗がこわくなくなる。」という話をした。
何かに挑戦しようとしたとき、その行動をとった場合の、最悪の事態を想定し、それにより失うものは何か?を考える。そして、最悪の事態が受け入れられるものなら、失敗はこわくなくなる。さらに、その反面、何を得られるか?を考えたとき、挑戦するか否かのジャッジができると話した。

また、「0から100までをつくっていく過程がやりがいだ。」という話をした。
高橋は、昨日まではできなかったことができるようになっていく過程が面白いという。だから、何かをやろうとしたときに、できるかできないかで判断するのではなく、できると思うことをやる。

国立ファームを始めたのも、農業改革ができると思ったから。
ものづくりをしている人間が一番儲かるべきなのに、ものづくりをせずに横流しをしている人間が儲かる構造はおかしい。カリスマ農家を生み出して、若者が農業をしたいと思えるように改革していきたいと話す。
国立ファームは設立2年半のベンチャー企業。
高橋は農業改革とともに、社員の成長もミッションに掲げている。
50kgを持てる社員に50kgのバーベルを持たせても成長できない。だから、国立ファームでは、100kgを持たせてさらに踏むくらいまで圧力をかける。その社員に成長してほしいと思うからだ。自分に負荷をかけてこない会社は、自分を成長させようとしてくれていないと考えた方がいいと話す。

国立ファームは、今、まさにできないことをできるようにしていく過程の真っ最中。
だから、高橋の論理では楽しくてしょうがない、やりがい充分な状況にある。
農業改革できると信じられる方、そして、昨日できなかったことが今日できるようになることを楽しめる方、募集しております。

我こそは!と思う方は、6月23日月曜日までに、作文「私が国立ファームで実現したいこと、できること」に熱き思いをしたためて、他書類と一緒にご応募ください。お待ちしております。
詳細はコチラ。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 国立ファームの貧乏ブースに人が殺到!お金をかけなくても人は集められる。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 相変わらずだな。

    相変わらずということは、進歩しているということだな。

    >昨日できなかったことが今日できるようになることを楽しめる方、募集しております。

    今日、ベンチプレスで60kgが持ち上げられた。8回×1セット。
    腕がブルブルして、肉離れになりそうだった。

    まだまだ、ハムストリングスが弱い(悲)

    こんなのでも、応募基準満たすのかな?

  2. 相変わらずだな。

    相変わらずということは、進歩しているということだな。

    >昨日できなかったことが今日できるようになることを楽しめる方、募集しております。

    今日、ベンチプレスで60kgが持ち上げられた。8回×1セット。
    腕がブルブルして、肉離れになりそうだった。

    まだまだ、ハムストリングスが弱い(悲)

    こんなのでも、応募基準満たすのかな?

  3. 国立ファーム面白いだろうね。
    時機が会えば行きたかったよ。

    新卒組よ、後から入った中途入社の人が高待遇でも腐るなよ。
    大きいことを成すには当たり前のことを出来るようになってからだ。
    自分に与えられたことにまずは真摯に取り組もう。
    自分に与えられたことをこなしつつプラスアルファの努力を継続すれば、
    必ず大きく成長できる。
    大きな成長に対し報いてくれない会社じゃないだろ、地味な事も真摯に頑張れ。

  4. ボクだったら、2枚目の写真の後ろ辺りに並ぼうとは思わないです。

    >自分に負荷をかけてこない会社は、自分を成長させようとしてくれていないと考えた方がいい

    そりゃ、そうだとも言えますが・・・負荷をかけ過ぎて潰される位なら、負荷をかけてこない会社に行き、それなりに楽しむのが今どきの若者では?

    単一的な価値観を押し付けても、適応させれなければ・・・一からのやり直しとなる。

    50Kg持てる社員に、『50Kg持ててすごいな~、お前なら60kgでも持てるかも知れないなぁ、マジでセンスあるもん、そもそも潜在能力ではこの会社で1.2を争う位の器だと思うんだ。 いやぁ~、どこまで伸びるか末恐ろしいね! 60Kg持ってみる、マジでいけそうなんじゃない、お前なら』

    と、言ってシコタマ持ち上げた後に、
    『やっぱり、お前すげ~~わ! 俺の見る目に間違いなかった。 お前なら100kgやれるかもな、やれたらすごいな、俺、感動した!』

    と言ってから100kgを持たす。

    やるなら、そんな感じかな^^

  5. ボクだったら、2枚目の写真の後ろ辺りに並ぼうとは思わないです。

    >自分に負荷をかけてこない会社は、自分を成長させようとしてくれていないと考えた方がいい

    そりゃ、そうだとも言えますが・・・負荷をかけ過ぎて潰される位なら、負荷をかけてこない会社に行き、それなりに楽しむのが今どきの若者では?

    単一的な価値観を押し付けても、適応させれなければ・・・一からのやり直しとなる。

    50Kg持てる社員に、『50Kg持ててすごいな~、お前なら60kgでも持てるかも知れないなぁ、マジでセンスあるもん、そもそも潜在能力ではこの会社で1.2を争う位の器だと思うんだ。 いやぁ~、どこまで伸びるか末恐ろしいね! 60Kg持ってみる、マジでいけそうなんじゃない、お前なら』

    と、言ってシコタマ持ち上げた後に、
    『やっぱり、お前すげ~~わ! 俺の見る目に間違いなかった。 お前なら100kgやれるかもな、やれたらすごいな、俺、感動した!』

    と言ってから100kgを持たす。

    やるなら、そんな感じかな^^

  6. 講演会、並びに会社説明会に参加させていただいたXと申します。

    失礼とは思いますが、応募し受かるつもりでいるのと受かった後、恥ずかしいので名前はXとさせていただきます。

    高橋さん、関係者の皆さん、素晴らしい会をありがとうございました。

    色々な質問に対し、皆さんにオープンにお話しいただけたので、実際行われているだろう活動を具体的にイメージすることが出来ました。
    途中、高橋さんが伊勢丹新宿店の青果売り場の話をされた際、聞いてるこちらが心配してしまうくらい実情を包み隠さず話される姿を見て、懐の深さと聞きに来ている人たちを喜ばそうとする高橋さんの姿勢が印象的でした。

    そして、
    いつでも、どこでも、誰に対してでも謙虚で、礼儀正しく接してらっしゃる姿は「人として」めちゃめちゃかっこ良かったです!
    質問する方が挨拶をするたびに、相手の目を見て「こちらこそ」と。
    また回答した後に「今ので回答になってますか?」と確認されていました。
    当たり前のことかもしれません。
    でもそれを実践されている高橋さんはものすごく魅力的でした。

    勉強させていただきます。ありがとうございました。

  7. しかし、今はどうあれ がなりは熱くなってるし
    かなり先のレールが見え始めてるぞ・・

  8. 10億で1000万台のこまぎれ売り上げ事業。時代がAVを売った事に気づかなかったがなり君、哀れ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>