【二子玉川】6/15,16 梅の伝道師・垣淵浩子さんが来店! 「ももの香り南高梅」を販売&梅酒づくりのコツを教えます

全国2位の梅酒にも使われている、梅酒杜氏も惚れ込むアノ梅が、
今年もやってまいりました!

樹の上でしっかり熟してから収穫した黄金色の梅ももの香り南高梅」、
やおや「農家の台所」二子玉川ライズ東急ストア農家の台所コーナーにて
販売を開始いたしました。

そして、6月15日(土)、16日(日)には、
梅農家でありながら料理研究家でもある“梅の伝道師”垣淵浩子さんが来店。
梅酒づくりのプロのコツを教えてくれます!

 


~垣淵浩子さん~

農家でありながら料理研究家でもある“梅の伝道師”。
NHKわかやまにテレビ番組で担当コーナーを持ち、
料理教室を開催したり、市場関係者に梅加工を教えたり、
梅の魅力を伝えるために全国を飛び回っています
そうしてお客様と直接触れ合っているからこそ、
梅の栽培にもこだわりを持ち、美味しさを追求しています

 

垣淵さんの“ももの香り南高梅”の特徴は、その名の通り、桃のような甘~い香りがすること。
漬けた梅酒にもしっかり香りがつくんです。
そして、皮が薄くやわらかいので、梅のエキスがでやすく、梅の味が濃く漬かりあがります。

ヒミツ①
プラス7日間!樹の上で熟させてから収穫
一般的に流通している梅よりも5~10日間ほど長く
樹にならせ、甘みを蓄え、香り高くなり、色づいてから収穫します。
黄金色がその証し!

 

ヒミツ②
海岸沿いの温暖な気候のおかげで皮が薄くやわらかくなります。

 

ヒミツ③
垣淵さんはエコファーマー
化成肥料は極力減らし、優しくゆっくり効く緑肥や有機肥料を
中心にしているのも皮をやわらかくする秘訣です。

 

ヒミツ④
畑はガケのような急斜面
慣れないと、手をつかないで降りられないほどです。
水はけがよく、樹一本一本にたっぷり日光があたるので、樹が健康になり良い実を育てます。
実にも良く日が当たり、濃厚な甘みや旨味を蓄えます。

 

垣淵さん曰く、
「美味しい梅酒を漬けるにはコツがあるけど、一番のポイントは良い梅を漬けること!

今週末は是非、垣淵さんと垣淵さんの梅に会いに、
やおや「農家の台所」二子玉川ライズ東急ストア農家の台所コーナーに遊びに来てください!

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしています。
******************************************************
■「農家の台所」二子玉川ライズ東急ストア内農家の台所コーナー
【住所】東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズB1
【最寄駅】東急田園都市線 二子玉川駅
【Facebook】http://www.facebook.com/kfnikotama
【HP】http://www.noukanodaidokoro.com/v-shop/futago/
******************************************************

★農家の台所WebShopでも販売中!★
ご自宅にお届けしたい方はコチラから。

梅酒・梅シロップを漬けよう!ももの香り南高梅

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【二子玉川】6/15,16 梅の伝道師・垣淵浩子さんが来店! 「ももの香り南高梅」を販売&梅酒づくりのコツを教えます
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed