アグリの猫アップしました。

農業経営者で連載中の「アグリの猫」、毎月1ヶ月遅れで掲載中です。
10月1日発売分をアップしました。

http://www.kf831.com/agrinoneko/

気が付けばもう19回目です。

(文責:広報課 中野)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アグリの猫アップしました。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. アグリの猫より 「カリスマと呼ばれる篤農家は片手ほどの人数しかいません」とありますが。
    それは大きなまちがい、少なくても何十人といます。
    全国あちこち勉強会に参加して思うことです。
    高橋さん及び国立ファームが知らないだけ
    全国の頑張っている農業家に失礼です。
    数々の失礼な発言を農業誌に載せる人のもとに優秀な農業家は集まらない。
    たくさんの利益がでるまで黙っていてもらいたいものだ。
    加えて、国立ファームは農業の基本を外している。
    土づくり・植物生理を学んでいない。
    ものづくりをするための人づくりができていない。
    だから、あまり利益がでてこない。
    中野さんを含め6人の社員の方に名刺をいただく機会がありました。
    みんな真面目というかおとなしい。ボキャブラリーがない。
    本当に農業を楽しんでやってるの?って感じでした。
    そんな会社に多くの人が興味をもつでしょうか?
    篤農家をプロデュースして有名にすることよりも国立ファームの社員のもっと多くの人間が畑で農作業をして消費者に美味しいと喜ばれる作物を自ら作り出すことをもっと一生懸命やるべきです。

  2. 農業研修生さま

    農業生産者によくありがちな「客観性の少ない人」の代表的な人と
    お見受けしました。

    あなたのような業界人にとっての「カリスマ」ではなく、
    一般人でも知っている「カリスマ」の話をしているんです。

    「利益が出てから言いたいことを言え!」は
    あなたの本音ですか?
    利益があれば、あなたは従うのですか?
    金儲けしているからと言って、偉そうにするな!
    と、おっしゃるんじゃないですか。

    だいたい、実名でリスクを負って意見を言っている人間に
    偽名で偉そうなことを言わないでください。

    高橋がなり

  3. 日本の農業従事者は国からの補助や保護の下で生産活動を続けているのだから、ニートのような存在でしかない。

    そんなニートと自分の体一つで伸し上がって行くプロスポーツ選手とを同列に語るのは間違っている。

    「篤農家百選リスト」とやらの作成は、日本の農家がニートを卒業し外国進出できるような野菜を作ってから。

    価値を生み出さない人物に冠を着けても、冠を着けたマネキンにしかならない。

  4. あと、この場には実名でリスクを負って意見を言っている人間に偽名で偉そうなことを言える環境があるのだから、その環境を受け入れた上で物事を考え発言していかないと、そのうち若者の考えを「今の若い者は・・・」という言葉だけで否定する頭が冷凍状態の過去の人になっちゃうのでは?

  5. 結婚できない人の最大の特徴が『己を客観視する能力の欠如』です。

    すると、ガナリさんの言うように農業生産者にその能力が欠如した方が多いとの事実を加えて導き出される答えがあります。

    農家の御子息様に独身が多く、最終的に金で性別上の女を買うような国際結婚に行きがちなのは、やはり。

    客観視能力不足と云う事ですか・・・。

    日本はもう終わってますが、3年以内に国家財政が破綻しても子供が居れば、少しは救われるのにね。。。

    と、思われませんか?

    ではでは^^

  6. 俺さま

    時代に関係なく、自分で「何が正しいのか」、「何が間違っているのか」
    を考えないと、「過去の人」の前に「バカ」になりますよ。

    人としての姿勢には、年寄りも若者も関係ありません。
    あなたのような思考しない人が、金持ちが威張る時代を作るのです。

    高橋がなり

  7. 自分で自分の考えや行いを評価するようになると、自分にとって都合の良い考えや行動を高く評価するようになります。

    そうなるとだんだん自分の考えと社会との考えとが乖離しはじめ、最終的には裸の王様になってしまうのでは?

  8. 大衆メディアがラジオからTVに変化したように、自分の考えや思いとは関係なく社会の環境も時代の移り変わりとともに変化します。

    ラジオドラマの演出家からラジオドラマ制作時のヒットセオリーに則ってTVドラマを作るようにと言われたらどう思います?

    新しい環境が存在するなら、その環境を受け入れて対応しないと、浦島太郎状態の過去の人になってしまいますよ。

  9. 今日、音楽というジャンルで一つの時代を作った小室哲哉氏が逮捕されました。

    がなりさんはAVというジャンルで一つの時代を作りました。

    それぞれジャンルは異なりますが両者ともにカリスマ的な存在でした。

    カリスマの周囲にはイエスマンや提灯持ちや金の匂いに群がるハイエナのような人が集まる傾向があります。

    小室哲哉氏の逮捕を知ってがなりさんもそうなるのかな?と心配になりました。

    がなりさんが「高橋がなり」という看板に押し潰されそうになっているのであれば、新しい看板作りを0からはじめて頑張って下さい。

  10. 敢えて、恐ろしいほどの正論を述べようと思う。

    『何事もやりすぎてはいけない』

    小室、猿渡、折口、堀江、石井館長、・・・etc

    皆、やり過ぎた。

    足るを知れば、客観的には幸せを維持できただろうに。

    だから、ここが問題だ!

    客観的な幸せなんぞ、当人にとっては何の意味も持たない。

    当人にとっての幸せとは、突き抜けた先にあるのだから(笑;)

    いずれ足元を掬われなければ気づく事はない。

    つまり、一回留置場なり刑務所なりで頭を冷やさないとダメだと言う事だ。

    そういう人間に二度とチャンスはないと、がなり氏は以前述べていた。

    しかし、今はそう思っているのか知らない。

    私はその事を何度か批判したが、氏がどう思ったかは知る由も無い。

    人類の歴史的進歩の為に、成功者への2度目のチャンスは与えてあげて欲しいと私は強く思う。

    やりすぎは良くない!

    これは当たり前すぎる正論だ。

    だが、皆ことごとく『この罠』に引っ掛かる。。。

    何故ならば、壁に当たらなければ壁を認識出来ないのだから。

    温かく再出発を迎えてあげて欲しい!!

                      庶民の皆様へ

  11. 結局各自が自分の立脚する立場でモノ言っておしまいですから、
    抽象論での論戦ほど不毛なものはありませんね。

    どちらも正論だし正解にもなり得る。
    ただし主張により力が宿るのは結果が伴うほうという必然。
    とすれば、がなりさんの方が分があるといえばある。

    とはいえ偽名で言いたいこと言ってる奴を無視できなかったというのは、
    農業研修生さんの言葉にも力があったからだろう。

    結局自分が信じたようにやればいいだけではなかろうか。
    不正解であれば淘汰されるし、どちらも正解になり得るならどちらも生き残る。
    人様の会社のサイトで勝手・失礼な言い方になるかもしれませんが、
    国立の社員の人にも様々な立場・見方があるから思案するのであれば多面的且つ大局的にというのが重要と理解してくれればここの意義もあるでしょう。

  12. がなりさんは疲れているな~~

    でも余裕だって言い放つ・・

    頑固おやじ一直線で行ってください!!!

  13. レイプ魔さんは、そのレイプAVに出演していたレイプマンということなのですね?
    尚且つ、自殺未遂したAV女優に対して同情し、自分のせいなのかと自分を責めたが納得いかず、製作元の代表者であるがなりさんに対して矛先を向ける事で納得したのですね。

    しかし、自殺する人間は理由が何(些細な思い込み)であれ自殺するんだから、国内で年間3万人以上10年連続でいる自殺者が特別珍しいなんてことはなく、ありふれた出来事なのかもしれないね。

    そんなに気にする事でもないかも知れないし、気にしたいならすればいいし、と云う問題にしか思えないけど・・・いまのところ。

    ではでは^^
    また皆コメントしてね♪

  14. ピンバック: Avandia.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>