「ストロングスタイル」営業 イベント企画大奮闘!

窓際に大きく貼られた「ストロングスタイル~泥臭く、力づくで勝ちにいく!~」の言葉。
その前に営業部の机が並びます。
窓際のため、冬は寒く、夏は暑いという過酷な状況の座席ですが、窓からは日本一高い富士山が見え、標語実現を目指すのに、社内で最も合う場所です。

三浦屋様で、野菜の対面販売をさせていただけるようになり、お客様からも好評とのことから、2月20日から23日までの4日間連日、三浦屋吉祥寺店でイベント販売をさせていただけることになりました。

イベント企画の責任者を任されたのは、新卒の営業部大河内。
入社してすぐに、都内の飲食店へソルトリーフ営業、その後、銀座の高級クラブ・キャバクラへスティックサラダ「パフェレギュームセット」の営業など、ずっと国立ファーム特選野菜の営業に邁進してきた新卒社員です。
初めは、どういう風に話せば、国立ファーム特選野菜の良さが伝わるのか?お客様が求めていることに気づくポイントはどこか?などわからないことだらけでした。
一番売れない営業マンだった大河内は、泣きながら試行錯誤を続け、月の売り上げ一位の営業マンにまで成長しました。

さて、今回の三浦屋吉祥寺イベントで最も大事にしたことは、「お客様にイベントを楽しんでいただき、国立ファームの野菜は美味しいと感じていただくこと。」

野菜売場を面白くするならば・・・そして考えたのが、日替わり野菜イベント企画です。
第一日目(2月20日):雪の下野菜フェア
第二日目(2月21日):トマトフェア
第三日目(2月22日):日の丸野菜フェア
第四日目(2月23日):イタリア国旗野菜フェア

・・・
第一日目の雪の下野菜フェアは、北海道のアグ・デ・パンケ農園の娘である社員 高橋史帆が、自身の農園の野菜を販売。
雪の中からジャガイモを掘り出している父親の写真を指差しながら、お客様に語りかけていく。
「実は、これ私の父が栽培したものなんです。雪の下から掘り出したマチルダ(じゃがいも)は、とっても甘くてもっちりしています。じゃがいもの芳醇な香りが楽しめますよ!」
お客様には、農家さんをより身近に感じていただけたようで、話が弾んでいました。

本日、第二日目のトマトフェアでは、12品種のトマトが並びました。色は赤色、黄色、黒色、緑色、橙色・・・
カタチもハート型、細長い楕円型など、見た目にも楽しめます。
活気を生むために、お客様からお声がけをいただいてから、目の前で量り、袋詰めをしてお渡しする八百屋スタイルにしました。
10時から販売を開始したところ、お昼には売り切れのものが出てくるほど、勢い良く売れていきました。珍しい品種のトマトが注目され、お客様が自身で量るのを楽しんでくださっていました。

明日、第三日目の日の丸野菜フェアでは、赤色と白色の野菜で、日本国旗を形作る予定です。
紅白の様々な野菜が並びます。例えば、白野菜では、パースニップ、雪うるい、白ゴーヤ、リーキなど。赤野菜は、夢トマト、塩トマト、トマトベリーなど赤色のトマトが並びます。

明後日、第四日目のイタリア国旗野菜フェアでは、もうお分かりかと思いますが、赤色と白色と緑色の野菜で、イタリア国旗を形作る予定です。
当日販売する野菜で、簡単にできるイタリアンレシピも配布します。

楽しい売場になっているか?是非、皆様にはチェックしにいらっしゃっていただきたいです。
ご意見があれば、ぜひ売場社員にお伝えください。

3月25日~27日の3日間、三浦屋飯田橋店でも対面販売を行う予定です。
こちらにもぜひいっらしゃってください!

(文責:広報課 熊田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「ストロングスタイル」営業 イベント企画大奮闘!
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. ロビー8時様、コメントありがとうございます!
    営業部、大河内です。

    国立市入り??
    農家の台所に来ていただけるということですか??

    的外れだったらごめんなさい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>