農家の台所から大切なお母さんへ感謝の気持ちをお届けしませんか?

5月10日は母の日です。
お母さんへの感謝の気持ち、
『ありがとう。』の一言に添えて、ベジブーケを送りませんか?

ベジブーケとは、母の日限定特別ギフトとして、
「農家の台所 くにたちファーム」がプロデュースした
丸ごと食べられる花束です。

ベジブーケは、菜の花などの新鮮な花野菜とエディブルフラワー(食用の花)でできているから、余すところなく食べられます。
一般的に、花には虫がつきやすいため、観賞用花にはたくさんの農薬が使われていますが、エディブルフラワーは、野菜と同様の基準で栽培されているから、安心してお召し上がりいただけます。
身近なもので言えば、例えば、「七草」などもエディブルフラワーの一つです。

ベジブーケは、見た目がキレイなだけじゃなく、栄養も豊富。
菜の花などの花野菜には、βカロチンやビタミンB1・B2、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、食物繊維など、豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
カラダの中からキレイに!お母さんにいつまでも若々しくいてほしいという愛情たっぷりの花束です。

実は、このベジブーケは、国立ファーム社員奥州谷の1枚のスケッチがキッカケでつくられました。
野菜をどうしたら、いつもと違うように見せることができるか?
奥州谷が考えて行き着いたのが、野菜を花束ように見立てること。
奥州谷が描いた野菜花束のスケッチが、パートさんの目に留まり、面白いと思ったパートさんが近くにあった人参やえのきで絵の通りにつくってくださり、それがとても綺麗だったとのこと。

奥州谷が早速、高橋に見せたところ、
「もっと花らしさを出して、『え?コレ食べられるの?』とお客様に驚きを与えるようなものの方が喜んでもらえるのではないか。」と意見をもらいました。
そこで、奥州谷は食べられる花を探し、パートさんと一緒に、
よりお花に見えるように試行錯誤を凝らしました。

そして、完成したのがベジブーケ

一見、野菜の花で作られたとは思えないほど、観賞用の本物の花束に近いものが出来上がりました。

奥州谷は、北海道の実家の母親に送り、配送試験をしたところ、母親から電話がかかってきてこう言われました。
「コレ本当に野菜で出来てるの?」

ベジブーケは、
農家の台所 楽天市場店で予約販売受付中です!
また、農家の台所 国立店恵比寿店でも店頭にて予約受付中!

国立店では、母の日特別メニューも予約を受けしております。日頃の感謝を込めて、母の日にお母さんを農家の台所のお食事にご招待しませんか?

★農家の台所 国立店★
<期間限定!母の日特別メニュー> 
※5月8日~10日 ランチタイムでのご予約を受け付けております!

*キッチンスタッフが心を込めてお母さんに送るスペシャルメニュー 
3,500円税込(お一人様)*

〇メニュー内容
・先出し3種 
・厳選野菜16種入ったサクサクの花束サラダ ~バルサミコドレッシング~
・とっても甘い春キャベツで包んだスズキと春野菜蒸し ~大次郎ハーブたっぷり白ワインバターソース~
・3種野菜と華おとめトマトのミルフィーユ ~宮古島パッションフルーツのソース~
・ベジブーケ プレゼント

*家族でお母さんにありがとうの感謝を込めて!大皿スタイルメニュー  
9,800円税込(3~4名様分)*

〇メニュー内容
・パフェレギューム
・先出し6種盛り合わせ
・アボガド、アスパラガス、白身魚のカルパッチョ ~原酢と醤油のドレッシング~
・本日の白身魚のソテー 濃厚岩のりソース 厳選3種芋のフライ
又は、
2008年農林水産大臣賞 湘南みやじ豚ソテー ~4種類のソース~
・特選野菜3種ステーキ
・厳選米と具たっぷり味噌汁
・ベジブーケ プレゼント

ご予約はコチラまで。
農家の台所 国立店  TEL:042-571-4831

(文責:広報課 熊田)

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 農家の台所から大切なお母さんへ感謝の気持ちをお届けしませんか?
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

この記事へのコメント

  1. 「食べられる」ではまだ抵抗があります。「食べるブーケ」ならば、味にも保証付き感があるのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>