国立ファーム 商品カタログ

小売店様、飲食店様向け取扱商品の一部を掲載しております。
掲載商品の詳細につきましてはお気軽にお問い合わせください。

  • HOME
  • 取扱い商品カタログ
1
Yes
None
1
1000000
/catalog

商品カタログ

国立ファーム取扱商品の一部を掲載しております。
小売店・飲食店様向け卸取引について、お気軽にお問い合わせください。

一般のお客様向けには 農家の台所WEBSHOP にてご注文を承っております。

Thumbnail
Clear All

分類

入荷月:

生産地:

ソルトリーフ(アイスプラント)
Category: 野菜 - 葉茎菜
Sub-Category: その他の葉茎菜類
入荷月: 1, 2, 3, 4, 12
生産地: 埼玉県
泉州玉ねぎ
Category: 野菜 - 根菜・土もの
Sub-Category: たまねぎ
入荷月: 6, 7, 8, 9, 10
生産地: 大阪府
チベット塩たまねぎ
Category: 野菜 - 根菜・土もの
Sub-Category: たまねぎ
入荷月: 3, 4, 5, 6
生産地: 長崎県
ホワイトたまご
Category: たまご
入荷月: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
生産地: 東京都
ソルトリーフ(アイスプラント)

国立ファームのオリジナルブランド野菜(商標登録)。関連会社 国立ファームソルトリーフ農場(株)にて生産する。

南アフリカ原産のアイスプラントを独自の技術を用いて水耕栽培。クセのない味わいと厳しい品質基準による良食味、安定品質を実現しています。

多くの植物は土中に塩分があると生育することができませんが、アイスプラントは塩分を吸い上げ、葉の表面に水泡として蓄える特性を持っています。プチッとはじける心地よい食感と程よい塩味が料理にアクセントを与えます。

Category: 野菜 - 葉茎菜
Sub-Category: その他の葉茎菜類
入荷月: 1, 2, 3, 4, 12
生産地: 埼玉県
泉州玉ねぎ

大阪地域ブランド 大阪なにわ伝統野菜として認定される。

たまねぎの国内生産発祥地の一つとされる泉州地域(大阪南西部)で栽培される。
かつては日本一の生産地でしたが、玉ねぎの品種改良が進んで大規生産が主流となった現在では、限られた農家で栽培されています。

味が良いものの、栽培が難しい昔ながらの血統を重視した品種選びと高い栽培技術によって味の違いは明らか。
一般的な貯蔵玉ねぎの鱗片は11~15枚のところ、泉州玉ねぎの鱗片数は平均して8枚ほど。同じ重量、サイズの玉ねぎであって鱗片数が少ないということは、それだけ肉厚ということになります。

肉厚でも火のとおりは早く、非常に多汁でしっかりした甘味を持ちます。
収穫期間は6月から8月にかけて。乾燥をかけない新玉ねぎとしての出荷と同時進行で貯蔵を進めます。
そのため、6月の新玉ねぎは貯蔵可能期間が短いものの、生でそのまま丸かじりできてしまうほど辛味がなくて強い甘味を持ちます。
7月中旬以降、順次品種が切り替わり、貯蔵性が高い品種になると辛味が出てきますが、スライスしてしばらく空気に晒したり加熱することで辛味を抑えることができます。

生産量に限りがあるため、早い年では8月下旬までには完売となります。

Category: 野菜 - 根菜・土もの
Sub-Category: たまねぎ
入荷月: 6, 7, 8, 9, 10
生産地: 大阪府
チベット塩たまねぎ

長崎県南島原の温暖な気候の元で栽培される極早生・早生たまねぎ。

チベットの岩塩を粉末状にしたものを畑に散布することでミネラル分を補給し、塩分ストレスによって生育が緩慢になることで旨味が凝縮。辛味がないのでスライスしてそのまま生食が可能で甘味を感じられます。

Category: 野菜 - 根菜・土もの
Sub-Category: たまねぎ
入荷月: 3, 4, 5, 6
生産地: 長崎県
ホワイトたまご

純国産血統の採卵鶏種”さくらNEO”に国産米を主体として調合した飼料を給餌したところ、黄身の色が薄い卵が生まれました。

卵の黄身の色は飼料の色素の色を反映するという特徴を逆手に取って飼料の改良を続けた結果、黄身の色が白い卵「ホワイトたまご」が生まれました。

国産米主体のため油脂分が少なく、さっぱりとした味わいながらもたまごらしい味わいも持ち合わせています。生では薄いレモン色をしていますが、加熱をすると白身特別がつかないほど白くなりますので、卵をメインとして利用するメニューではお召しあがりになる方に驚きを感じていただくことができます。

Category: たまご
入荷月: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
生産地: 東京都
ソルトリーフ(アイスプラント)
国立ファームのオリジナルブランド野菜(商標登録)。関連会社 国立ファームソルトリーフ農場(株)にて生産する。 南アフリカ原産のアイスプラントを独自の技術を用いて水耕栽培。クセのない味わいと厳しい品質基準による良食味、安定品質を実現しています。 多くの植物は土中に塩分があると生育することができませんが、アイスプラントは塩分を吸い上げ、葉の表面に水泡として蓄える特性を持っています。プチッとはじける心地よい食感と程よい塩味が料理にアクセントを与えます。
Category: 野菜 - 葉茎菜
Sub-Category: その他の葉茎菜類
入荷月: 1, 2, 3, 4, 12
生産地: 埼玉県
泉州玉ねぎ
大阪地域ブランド 大阪なにわ伝統野菜として認定される。 たまねぎの国内生産発祥地の一つとされる泉州地域(大阪南西部)で栽培される。 かつては日本一の生産地でしたが、玉ねぎの品種改良が進んで大規生産が主流となった現在では、限られた農家で栽培されています。 味が良いものの、栽培が難しい昔ながらの血統を重視した品種選びと高い栽培技術によって味の違いは明らか。 一般的な貯蔵玉ねぎの鱗片は11~15枚のところ、泉州玉ねぎの鱗片数は平均して8枚ほど。同じ重量、サイズの玉ねぎであって鱗片数が少ないということは、それだけ肉厚ということになります。 肉厚でも火のとおりは早く、非常に多汁でしっかりした甘味を持ちます。 収穫期間は6月から8月にかけて。乾燥をかけない新玉ねぎとしての出荷と同時進行で貯蔵を進めます。 そのため、6月の新玉ねぎは貯蔵可能期間が短いものの、生でそのまま丸かじりできてしまうほど辛味がなくて強い甘味を持ちます。 7月中旬以降、順次品種が切り替わり、貯蔵性が高い品種になると辛味が出てきますが、スライスしてしばらく空気に晒したり加熱することで辛味を抑えることができます。 生産量に限りがあるため、早い年では8月下旬までには完売となります。
Category: 野菜 - 根菜・土もの
Sub-Category: たまねぎ
入荷月: 6, 7, 8, 9, 10
生産地: 大阪府
チベット塩たまねぎ
長崎県南島原の温暖な気候の元で栽培される極早生・早生たまねぎ。 チベットの岩塩を粉末状にしたものを畑に散布することでミネラル分を補給し、塩分ストレスによって生育が緩慢になることで旨味が凝縮。辛味がないのでスライスしてそのまま生食が可能で甘味を感じられます。
Category: 野菜 - 根菜・土もの
Sub-Category: たまねぎ
入荷月: 3, 4, 5, 6
生産地: 長崎県
ホワイトたまご
純国産血統の採卵鶏種”さくらNEO”に国産米を主体として調合した飼料を給餌したところ、黄身の色が薄い卵が生まれました。 卵の黄身の色は飼料の色素の色を反映するという特徴を逆手に取って飼料の改良を続けた結果、黄身の色が白い卵「ホワイトたまご」が生まれました。 国産米主体のため油脂分が少なく、さっぱりとした味わいながらもたまごらしい味わいも持ち合わせています。生では薄いレモン色をしていますが、加熱をすると白身特別がつかないほど白くなりますので、卵をメインとして利用するメニューではお召しあがりになる方に驚きを感じていただくことができます。
Category: たまご
入荷月: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12
生産地: 東京都